鳥人第11羽~イソヒヨドリ

なかなか暑さがおさまらず、脳内節電中です。
暑い時は、麦茶・風鈴・スイカ。

しかしこの黄金の三点 セットを楽しむ「縁側」が自宅にないので、そんな時は せめて、

風鈴に変わる美しい音色を求めて海へGO!
背中はブルー、お腹はオレンジ色の鳥、これな~に?
カワセミ?正解。でも、背中もお腹ももっと渋い色だっ
たら・・それこそが美声のイソヒヨ。isohiyodori010
彼らの囀りを聞いたら、誰もが息を飲むこと間違いなし。
海まで行かなくても、案外、市街地でも見られます。
もちろん、川など水場が近くにないとダメでしょうが、ビル、工
場などコンクリートの壁などが、本来の生息地である海辺の崖と
環境が似ていればOK。ダムの堰でもよく見られます。
さてこのお方、こんなに美しい声をお持ちになるには何を召し上
がっておられるのか?
実は肉食で昆虫・フナムシなど見つけてサっと捕えます。isohiyodori001
写真は、城ヶ島で偶然見つけたペリットです。ペリットとは、食
べて消化しきれなかったものを、まとめて出したゴミのこと。
口からペっと出す瞬間を見たので、飛び去るのを待って確認。
内容物を分解すると、ゴカイ、フナムシ、カニの殻・・なかなかゲテモノ喰いですね。
美声のヒミツはここにあるの?いつか教えてイソヒヨちゃん。

(2011年9月号会報に掲載)


カテゴリー: 鳥人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。