鳥人第32羽 ~メジロ

野鳥観察会がすべて終わり、遅めの冬眠に入っている鳥人です。
ウグイスに続いて、ウグイス色のメジロのことを書き散らかしたくなった鳥人です。
メジロと言えば、その特徴である白いアイリング。
アレ、丸がつながってないんですよね。
くちばし方向がとぎれ、視力検査に並んでる「C」の字のような形をしています。
そのCの字は、求愛の時に相手に見せつけて
アピールに使っているらしいですよ。
動きがすばやいけどよく見てみて。
好物の前で張っていれば、団体様でやってくるから。
好物とは、春はウメ・サクラ、秋は柿、冬はツバキなど。mejiro001

 

 

 

 

 

 

 

さてこのメジロ、蜜を吸ってるイメージ強いですが、とんでもない。
雑食というより奇食・・?
何かの卵のう見つけてバリっとむしり、中身をむしゃむしゃ食べたりmejiro003

 

 

 

 

 

 

 

アシナガバチの巣に奇襲攻撃かけているのを見た時は
「そこにミツないよ!」とすかさず突っ込みました。
ウメやサクラが咲く前の寒い時期、ヤツデにとまってゴソゴソ・・
そのまま見てたら青い実をバクバク、チュイーーー♪mejiro002

 

 

 

 

 

 

 

 

よくそんな青臭そうなもの食べるねぇ、
そんなメジロを絵に描いて色をつける時、
緑色を使ってはうまくいきません。
黄色に少し黒を混ぜるとアラ不思議。
あの渋い緑色、いわゆるウグイス色が簡単にできますよ。
(書き下ろし)


カテゴリー: 鳥人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。