鳥人第41羽 ~ルリビタキ

そりゃ人気ありますよ。
そもそも野生生物にルリ色のものは少ないから。
昆虫だって、ルリボシカミキリに会えると嬉しいし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マルウンカの紋が水色だったりすると鼓笛隊出動しちゃうよ。
(森のエピソードをご覧くださいな)


 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近なんて、インスタ映えとかなんとか言って、
ルリモンハナバチなんかもてはやされてるもんね。


 

 

 

 

 

 


鳥の世界も然り。
暑い国はカラフルな鳥多いけど、日本で見られる青いのは少ないからね。
初めてカワセミ見た日は、誰だって胸が高鳴ったでしょう

が!
たいがいオスばっかり人気の野鳥の中でも、このルリビタキは
メスも鳥屋さんに人気。
なんたって、この手のヒタキ系は目がまっ黒でか、かわ・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいい・・・。

えっ!?今かわいいって、どの口が言った?
言ってない。
自分、30年近く鳥屋ですが、野鳥をかわいいと思ったことは
一度もありません(ヒナ・幼鳥を除く)
なのに、昨年11月、ある取材を受けた時、
「野鳥の美しさを伝えたい」としか言ってないのに、
フタあけたら「野鳥のかわいさ、美しさを伝えたい」
はぁ~?美化すんなー!
むしろ、野鳥をかわいいなんて言ったら失礼、とまで思ってますから!
鳥の多くは被捕食者だから、生きている、ただそこにいるだけでも必死。
その必死さから来る美しさがたまらない、と思ってるんですよ!

・・えーと、なんの話だっけ。
あ、ルリビタキね。
あの濃い青は、3年目にならないと出ないらしいから
小鳥の多くは寿命が1~2年程度と考えると、
希少価値も加わり、やっぱりめちゃくちゃ美しい!
(かわいい、とは思わない)
どう?

(書きおろし)


カテゴリー: 鳥人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。