カルガモ・ハシボソガラス・コジャノメ

カルガモ(カモ科)>

嘴の内側が櫛状になっています。

ハシボソガラス(カラス科)>

コナラの木で、何かよく分からないけどついばんでいました。
嫌われがちなカラスだけど、結構目がくりくりしてかわいい。

コジャノメ(タテハチョウ科)>

下から四つ目の眼状紋の大きさが五つ目よりも大きいのがコジャノメの特徴。写真に撮らないとなかなかわからなくて、大変。

(4月21日 県立四季の森公園にて S.M.さん撮影)

カテゴリー: 昆虫, 野鳥 | コメントする

アマドコロ・フタリシズカ・タチイヌノフグリ・ミズキ

アマドコロ(クサスギカズラ科)>

茎に稜があるので、触ってみると茎が丸いナルコユリと簡単に区別できます。葉の太さもナルコユリよりだいぶん太い。

フタリシズカ(センリョウ科)>


花穂が二本のことが多いので「二人静」ですが、この花は3本。

タチイヌノフグリ(オオバコ科)>

花の大きさが2㎜くらいしかないので、気を付けて見ないと咲いていることすら気づかない。でもアップで見ると結構可憐な花。

ミズキ(ミズキ科)>

花序に目を奪われがちだが、一つ一つの花を見てみるのもいい。

(4月21日 県立四季の森公園にて S.M.さん撮影)

カテゴリー: 木本, 草本 | コメントする

タマノカンアオイ・ギンラン

タマノカンアオイ(ウマノスズクサ科)>

葵のご紋を思わせる大きな葉は多摩丘陵では珍しくありませんが、絶滅危惧植物です。4月には大きな葉と柄の下に花を咲かせています。

ギンラン(ラン科)>

木漏れ日の林内にひっそりと白い花をたくさん付けています。全開することはありません。

(4月21日 川崎市生田緑地にて K.Y.さん撮影)

カテゴリー: 草本 | コメントする

キンラン・カジイチゴ

キンラン(ラン科)>

雑木林の中を歩いていたら、キンランがもう咲いていました。キンランはブナ科などの樹木と菌根菌との三者共生が必要で、生育する場所は限られるようです。

カジイチゴ(バラ科)>

この時期、いろいろなイチゴの花が咲いています。ここでは、池周辺で花弁が大きめで皺が寄ったような花を咲かせていました。カジイチゴの名は、葉がクワ科のカジノキに似ていることによります。

(4月12日 保土ヶ谷区の横浜市児童遊園地にて、W.F.さん撮影)

 

 

 

カテゴリー: 木本, 草本 | コメントする

ハナノキ・シナサワグルミ

ハナノキ(ムクロジ科)>

赤い小さな花がソメイヨシノより少し早く咲きます。雌雄異株で、この時は雄株は花
が落ちて葉もほとんど目立たないが、雌株には早くも実が付いて色が鮮やかです。

シナサワグルミ(クルミ科)>


偶数羽状複葉で葉軸には翼があります。雄花序も雌花序も垂れ下がり、雄花序は黄緑
色で雌花序の柱頭は赤い。

(4月8日 四季の森公園にて、W.F.さん撮影)

 

 

カテゴリー: 木本 | コメントする

ヤマネコノメソウ・ヤブサンザシ

ヤマネコノメソウ(ユキノシタ科)>

種子は水滴(雨)散布とのことですが、種が飛び散るその現場を見たいものです。

ヤブサンザシ(スグリ科)>

その赤い実に比べ花は目立ちません。雌雄異株ですがどうやら雄株のようです。

(4月2日 秦野市蓑毛にて、S.S.さん撮影)

カテゴリー: 木本, 草本 | コメントする

イカリソウ・フデリンドウ

イカリソウ(メギ科)>

近くで新東名の工事。幸いここはトンネル部分。点在するイカリソウをこれからも楽しめそう。

フデリンドウ(ユキノシタ科)>

地面からいきなり花が咲くようなその『いきなり感』がいいですね。

(3月30日 秦野市東田原にて、S.S.さん撮影)

 

 

 

カテゴリー: 草本 | コメントする

ツマキチョウ・コツバメ

ツマキチョウ(シロチョウ科)>

コツバメ(シジミチョウ科)>

蝶愛好家の中で、スプリング・エフェメラルと呼ばれる蝶がいます。新治市民の森では、ツマキチョウ、コツバメ、ミヤマセセリが見られます。今年は例年に比べて発生が早いようです。

(ミヤマセセリも見ましたがカメラに収めることが出来ませんでした。)

(3月25日 新治市民の森にて、K.S.さん撮影)

 

 

カテゴリー: 昆虫 | コメントする

ハクモクレン・アセビ

ハクモクレン(モクレン科)>

つつじ山々頂のシダレザクラは未だ蕾で、ハクモクレンの樹々が花弁を散らせていた。

アセビ(ツツジ科)>

つつじ山周辺に多いアセビの木の花は壷形でかわいいが、枝葉には「アセボチン」という有毒成分が含まれている。

(3月24日 生田緑地にて K.Y.さん撮影 )

カテゴリー: 木本 | コメントする

ニオイタチツボスミレ・モミジイチゴ

ニオイタチツボスミレ(スミレ科)>

鼻を寄せると芳しい匂いがしました。同行者で匂いが感じられないという人がいて、本人のカレイシュウが強いからだということになり盛り上がったようです。

モミジイチゴ(バラ科)>

尾根道に清楚な花だ咲いていた。葉の形がモミジに似ている。果実の色が黄色っぽいオレンジ色なので、キイチゴ(黄苺)とも呼ばれる。

(3月17日 葉山にて、W.F.さん撮影)

カテゴリー: 草本 | コメントする