イオウイロハシリグモ・ハナグモ・ジョロウグモ

イオウイロハシリグモ(キシダグモ科)>

大型のクモだがサイズはばらつきが大きい。強力なクモでアマガエルを食べることもある。メスは卵のうを口に咥えて保護をし、子グモが孵化しても分散するまで見張る。

ハナグモ(カニグモ科)>

腹部の模様の変異は著しく、これは無紋型のようだ。植物の茎や花で獲物を待ち伏せる。

ジョロウグモ(ジョロウグモ科)>

写真は網を張り替えているところのようだ。網の半分くらいを張り替えるようで、らせん状に動くのではなく半円部分を行ったり来たり振り子のように動いていた。
これは10時前で、午後に見たときは下の写真ように円網になっていた。

(9月16日 四季の森公園にて W.F.さん撮影)

カテゴリー: クモ | コメントする

サツマノミダマシ・ヤマシロオニグモ・コゲチャオニグモ

夜行性のクモ3種。日中は葉裏でじっとしていることが多い。夕方に林縁の樹の間に垂直円網を張る。
夜は観察しにくいので、朝に網を撤収するときや夕方に網を張る時に観察しやすい。

サツマノミダマシ(コガネグモ科)>

腹部が緑色できれい。名前は、サツマガハゼの別称で果実が似ていることによる。

ヤマシロオノグモ(コガネグモ科)>

朝10時前に網が少し残っている時に撮影したが、午後には網が全くなくなっていた。

コゲチャオニグモ(コガネグモ科)>

上のクモ2種の近くに、葉陰でじっとしていた。

(9月16日 四季の森公園にて W.F.さん撮影)

 

カテゴリー: クモ | コメントする

アマチャヅル・キアゲハ

アマチャヅル(ウリ科)>

ヤブガラシに似た鳥足状複葉です。ヤブガラシは巻きひげが葉と対生状に出ますが、アマチャヅルは巻きひげが葉腋から出ます。
果実には細かい輪のような筋模様があります。これは萼や花冠の落ちた跡です。

キアゲハの幼虫(アゲハチョウ科)>

セリなどでよく見ますが、これはノダケにいました。広くセリ科の葉を食草としています。
刺激を与えると、隠れていた黄色の臭角を伸ばして異臭を放ちます。

(9月2日 四季の森公園にて W.F.さん撮影)

カテゴリー: 昆虫, 草本 | コメントする

アオモンイトトンボ

アオモンイトトンボ(イトトンボ科)>

8月最終日のうだる暑さの正午、他の蝶やトンボが姿を見せない睡蓮池でこのイトトンボだけが飛んでいた。余程暑さに強いのだろう。調べるとアオモンイトトンボのオスである。アジアイトトンボと似ているが図鑑には第8・第9腹節の色で判断するとある。

(8月31日 平塚市金目親水公園にて S.S.さん撮影)

 

カテゴリー: 昆虫 | コメントする

ヒガンバナ

ヒガンバナ(ヒガンバナ科))>

まだ8月なのにもうヒガンバナが咲いていた。今年の夏の暑さが開花を早めたかも。この花をあまり好まない人もいるらしいが、遠くからでもそれと分かり、近づいて見れば実に美しい。長い雄しべ・雌しべは千手観音を連想させる。

(8月29日 秦野市上大槻にて S.S.さん撮影)

カテゴリー: 草本 | コメントする

ゲホウグモ・アカボシゴマダラ

ゲホウグモ(コガネグモ科)>

今まで見たことのないクモです。腹部の前縁や側方に数個の小突起があります。夜間に活動し、樹枝間に細かい垂直円網を張ります。

昼は枯れ枝の折れた先端や樹皮に脚を縮めて止まっています。擬態をしているようです。

アカボシゴマダラ幼虫(タテハチョウ科)>

エノキの葉をよく見ると結構沢山のイモムシがいました。亜背部に4対の突起があり、尾端は完全に二又には開きません。幼虫越冬。
従来の分布は奄美のみで、関東は人為分布です。

(8月19日 四季の森公園にて、W.F.さん撮影)

カテゴリー: クモ, 昆虫 | コメントする

ナツアカネ・キマダラセセリ

ナツアカネ(トンボ科)>

葉に停まっていたところをそっと近づいて撮影。胸側面の黒色条を確認する前に飛び去ってしまった。だから確実な同定は出来ないが、顔の色・面構え・翅からナツアカネのオスと考えられる。胸側面が赤くないのは成熟途上だから。

キマダラセセリ(セセリチョウ科)>

ナツアカネの傍にキマダラセセリが停まっていた。飛ぶ速度が速いのが特徴で形も戦闘機のようだ。幼虫の食べ物はイネ科の葉っぱ。

(8月16日 平塚市土屋にて S.S.さん撮影)

カテゴリー: 昆虫 | コメントする

ダンギク

ダンギク(シソ科)>

公園の入り口にあまり見かけない花が咲いていた。帰って調べるとダンギクらしい。名前はキクだがシソ科。葉を揉むと確かにシソの香りがする。本来日本での自生地は長崎・対馬・鹿児島地方らしいから誰かが植えたものであろう。蜜を吸っているのは一見蛾にしか見えないチャバネセセリ。

(8月15日 中井町厳島湿生公園にて S.S.さん撮影)

カテゴリー: 草本 | コメントする

ママコノシリヌグイ

ママコノシリヌグイ(タデ科)>

真夏の河原は葉っぱだけの緑一色。そんな中でポツンとちっちゃなピンク色を見つけた。近づいて見るとママコノシリヌグイだ。実に可憐である。が茎や葉裏に棘があるだけで実に可哀そうな名前を付けられたものだ。

(7月31日 平塚市金目川にて S.S.さん撮影)

カテゴリー: 草本 | コメントする

ジャコウアゲハ幼虫

ジャコウアゲハ・幼虫(アゲハチョウ科)>

山道脇のウマノスズクサにジャコウアゲハの幼虫がいた。一見、鳥のフンに見える。鳥フン擬態だ。鳥のフンの白い尿酸の結晶までそっくりである。

(7月9日 秦野市東田原にて S.S.さん撮影)

カテゴリー: 昆虫 | コメントする