カタクリ・オニシバリ・ヒメウズ

カタクリ(ユリ科)>

もう咲いていました。鱗茎から澱粉がとれて、これが真正の片栗粉です。

オニシバリ(ジンチョウゲ科)>

花はこの時期で、夏に葉を落とします。夏に落葉する植物は少なく、他にナニワズくらいです。

ヒメウズ(キンポウゲ科)>

花弁のように見えるのは萼片で、花弁は雄しべと雌しべを筒状に囲んでいます。大きさは違うが、形がレンゲショウマに似ていると思う。

(3月13日 四季の森公園にて、W.F.さん撮影)

カテゴリー: 木本, 草本 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です