ハクモクレン・アセビ

ハクモクレン(モクレン科)>

つつじ山々頂のシダレザクラは未だ蕾で、ハクモクレンの樹々が花弁を散らせていた。

アセビ(ツツジ科)>

つつじ山周辺に多いアセビの木の花は壷形でかわいいが、枝葉には「アセボチン」という有毒成分が含まれている。

(3月24日 生田緑地にて K.Y.さん撮影 )

カテゴリー: 木本 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です