ツバメとイワツバメ・ミヤコグサ

<ツバメとイワツバメ(ツバメ科)>

湿った泥のあるところは、巣材集めのポイントとなるところで
少し離れて待っていると簡単に撮影することができました。
額と首が赤いのが普通のツバメ、黒と白だけのがイワツバメです。

<ミヤコグサ(マメ科)>

マメ科らしい蝶形花をしています。普通にありそうなものですが
ここでしか見たことがありません。
じつは花が目的ではなく、これを食草とするシジミチョウを狙って来たのですが
チョウのひとつも飛んでいませんでした。

(5月15日 どちらも清川村にて K.I.さん撮影)

カテゴリー: 草本, 野鳥 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です