キアシドクガ・クモのマドイ

<キアシドクガ(ドクガ科)>

(成虫)

(蛹)

観察会があり四季の森公園に行ったら、白いガが大量発生しているということだった。モンシロチョウのようなものが大量に舞っていた。
ドクガというが一生を通じて毒は無いとのこと。
名前は、成虫の脚が黄色いことによる。幼虫の食樹はミズキ。蛹は黄色で黒色の斑点がある。

<クモのマドイ(ジョロウグモ科)>

(写真上)

(写真下)

クモの巣の中で小さな虫が沢山いた。クモのマドイらしい。この時期、ジョロウグモと思われる。(写真上)
別なところで、またマドイに出くわした。良く見ると種類が違うようだ。(写真下)

(5月20日 四季の森公園にて W.F.さん撮影)

カテゴリー: 昆虫 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です