イチヤクソウ

<イチヤクソウ(イチヤクソウ科)>

何回も通って漸く開いた花が見られた。写真に撮ってみて白い小さな花弁から長いめしべが出ている様子が面白い。種名は全草を乾燥させ薬草にされたことから。

(6月10日 川崎市/生田緑地にて K.Y.さん撮影)

カテゴリー: 草本 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です