ゲホウグモ・アカボシゴマダラ

ゲホウグモ(コガネグモ科)>

今まで見たことのないクモです。腹部の前縁や側方に数個の小突起があります。夜間に活動し、樹枝間に細かい垂直円網を張ります。

昼は枯れ枝の折れた先端や樹皮に脚を縮めて止まっています。擬態をしているようです。

アカボシゴマダラ幼虫(タテハチョウ科)>

エノキの葉をよく見ると結構沢山のイモムシがいました。亜背部に4対の突起があり、尾端は完全に二又には開きません。幼虫越冬。
従来の分布は奄美のみで、関東は人為分布です。

(8月19日 四季の森公園にて、W.F.さん撮影)

カテゴリー: クモ, 昆虫 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です