アマチャヅル・キアゲハ

アマチャヅル(ウリ科)>

ヤブガラシに似た鳥足状複葉です。ヤブガラシは巻きひげが葉と対生状に出ますが、アマチャヅルは巻きひげが葉腋から出ます。
果実には細かい輪のような筋模様があります。これは萼や花冠の落ちた跡です。

キアゲハの幼虫(アゲハチョウ科)>

セリなどでよく見ますが、これはノダケにいました。広くセリ科の葉を食草としています。
刺激を与えると、隠れていた黄色の臭角を伸ばして異臭を放ちます。

(9月2日 四季の森公園にて W.F.さん撮影)

カテゴリー: 昆虫, 草本 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です