アキニレ・ジョロウグモ

アキニレ(ニレ科)>

 

 

 

 

 

小さな花が咲いているのが目に留まりました。花期は9月。両性花が4~6個ずつ集まってつく。雄しべは4個、花糸は花被から伸び出る。雌しべは1個、花柱は2裂する。果実は10~11月の成熟する。

ジョロウグモ(ジョロウグモ科)>

 

 

 

 

 

オスがメスに近づき交接しているようでした。秋に卵を産み、卵はそのまま冬を越します。親グモは冬がくる前に死にます。

(9月10日 四季の森公園にて、W.F.さん撮影)


カテゴリー: クモ, 木本   パーマリンク

コメントは受け付けていません。