ウラギンシジミ・クルマバッタモドキ

ウラギンシジミ―オス(シジミチョウ科)>

 

 

 

 

 

オスの前翅表面は、鮮やかな紅橙色。飛んでいるときは特に、裏面の一様な白、いや銀色とのコントラストが美しい。体も上が黒、下は銀で、翅と同系色になっている。触角先端と肢の一部を、翅と同じ紅橙色にするアクセントが、なんともステキ。

クルマバッタモドキ―褐色型および緑色型バッタ科)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

模様が複眼を横切っているところが、なんともステキ。緑色型は少ないんだそうです。

(10月1日 横浜市緑区にて、S.M.さん撮影)


カテゴリー: 昆虫   パーマリンク

コメントは受け付けていません。