アカボシゴマダラのイモムシ・カバキコマチグモの住居

アカボシゴマダラのイモムシ(タテハチョウ科)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エノキの葉の上に緑色のイモムシがいました。背の部分に4対の突起があり、尾端は完全には二又には開いていないので、アカボシゴマダラと分かります。

カバキコマチグモの住居(コマチグモ科)>

 

 

 

 

 

アシの葉を三角形に折りたたんだものは普段の住居です。ちょっと覗いたら、中は糸でおおわれていました。メスが産卵期用につくる住居はちまき状です。

(7月2日 四季の森公園にて、W.F.さん撮影)


カテゴリー: クモ, 昆虫 | アカボシゴマダラのイモムシ・カバキコマチグモの住居 はコメントを受け付けていません。

トケイソウ

トケイソウ(トケイソウ科)>

 

 

 

 

 

3つに分裂した雌しべが時計の長針、短針、秒針に見えることからの名ですが、別名は「パッションフラワー―キリスト受難の花」。花の各部を、それぞれ「十字架」、「釘」、「茨の冠」、「10人の使徒」、「鞭」「槍」に見立てていますが・・・。

(6月25日 川崎市多摩区にて、K.K.さん撮影)


カテゴリー: 未分類 | トケイソウ はコメントを受け付けていません。

テッポウユリ

テッポウユリ(ユリ科)>

 

 

 

 

 

日本の南西諸島および九州南部原産で、昔使われていたラッパ銃に似ていることからの名。タカサゴユリに似ていますが、やや小型で葉が太め、花弁の外側に筋が入らないなどの特徴があります。物騒な名ですが、花姿は至って清楚。

(6月16日 大船植物園にて、K。K。さん撮影)


カテゴリー: 未分類 | テッポウユリ はコメントを受け付けていません。

ハンショウヅル・コナラ・ヤマユリ

ハンショウヅル(キンポウゲ科)>

 

 

 

 

 

種子ができつつある。センニンソウとは花の様子が違うようだが、どちらもセンニンソウ属ということで、花の後に花柱が伸びてきてそう果は似ている。

コナラ(ブナ科)>

 

 

 

 

 

 

 

樹液が出ているようで、いろいろな虫が集まっていた。遠目でははっきりしないが、ヒカゲチョウやサトキマダラヒカゲ、オオスズメバチなどが群がっていた。他に小さい虫、多数。

ヤマユリ(ユリ科)>

 

 

 

 

 

この日、例年通り、ヤマユリが咲き出した。条件が良いようで、四季の森公園では、この斜面の開花が他の所より半月ほど早く咲くようだ。

(6月11日 四季の森公園にて、W.F.さん撮影)


カテゴリー: 未分類 | ハンショウヅル・コナラ・ヤマユリ はコメントを受け付けていません。

クリ

クリ(ブナ科)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良く目にする雄花ですが、その根元にひっそりと咲く雌花にも注目してください。受精すると立場が逆転し、日に日にイガを大きくしていきます。

(6月11日 川崎市多摩区にて、K.K.さん撮影)


カテゴリー: 未分類 | クリ はコメントを受け付けていません。

オカトラノオ

オカトラノオ(サクラソウ科)>

 

 

 

 

 

まだ咲初めですが、虎の尾に見えるかどうかは別にしても、この時期の代表的な花の一つ。見慣れてはいますが、相変わらずの素敵な花姿です。

(6月10日 川崎市多摩区にて、K.K.さん撮影)


カテゴリー: 草本 | オカトラノオ はコメントを受け付けていません。

イワツバメ雛・イワツバメ育雛

イワツバメ(ツバメ科)―雛>

 

 

 

 

 

イワツバメの雛が巣から顔を出すようになるのは、かなり大きくなってからのようです。ツバメとは巣の形が違いますから、雛独特のあのかわいいけどちょっとグロテスクな姿は見られません。
イワツバメ(ツバメ科)―育雛>

 

 

 

 

 

親は餌運びで大変です。巣立ち2日前の観察では42分間で8回、間隔は短くて20秒、長くて13分があったほかは4、5分おきでした。

(5月27日 川崎市高津区にて、S.H.さん撮影)


カテゴリー: 野鳥 | イワツバメ雛・イワツバメ育雛 はコメントを受け付けていません。

ジシバリ・ニガナ

ジシバリ(キク科)>

 

 

 

 

 

地面を這うように広がる根の様子からの名。葉の形が卵型なのが特徴で、イワニガナの別名があります。我が団地の花壇に我が物顔に繁茂していました。

ニガナ(キク科)>

 

 

 

 

 

茎は上部が枝分かれし、白い汁をだし苦みが強いことからの名。畑一面に蔓延。圧倒される光景でした。

(5月11日 川崎市多摩区にて、K.K.さん撮影)


カテゴリー: 未分類 | ジシバリ・ニガナ はコメントを受け付けていません。

シュンギク

シュンギク(キク科)>

 

 

 

 

 

地中海沿岸が原産地で、ヨーロパでは主に観賞用に栽培されているそうです。宋の時代に中国に入り食用になり、日本には江戸江戸時代初期に伝わったそうです。プランターで育て摘んで食していましたが、気付くと開花していました。

(5月7日 川崎市高津区にて、S.H.さん撮影)

カテゴリー: 草本 | シュンギク はコメントを受け付けていません。

イワツバメ

イワツバメ(ツバメ科)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上:2羽がかさなっていますが、交尾かどうかはわかりません。左に巣があります。
中:仲がよさそうには見えます。
下:他の個体が(大体2羽で)来ると盛大に鳴き声がした後去って行ききます。どれが鳴いているのか全部が鳴いているのかは不明です。巣の物色にしてはやや遅めだし、祝福かからかいに来たように見えます。
(5月5日 川崎市高津区にて、S.H.さん撮影)

カテゴリー: 野鳥 | イワツバメ はコメントを受け付けていません。