県立四季の森公園 ~自然を訪ねて~

 県立四季の森公園は横浜市緑区にある45.3haの県立公園です。当初住宅用地として神奈川県が取得した土地を、その地に残る谷戸や森林をそのまま残して公園として整備したもので、平成2年春に開園しました。園内は雑木林と谷戸からなる里山の環境がよく残っており、多くの動植物が生息しています。

NPO法人全国森林インストラクター神奈川会では、この県立四季の森公園で一般の方を対象に継続的に自然観察会~自然を訪ねて~を開催しています。草花や樹木はもちろん、シダ、昆虫、蜘蛛、野鳥など、様々な分野の専門スタッフがテーマに沿って園内をご案内いたします。

参加は無料で、どなたでもご参加いただけます。お気軽にご参加ください。
■集合場所:県立四季の森公園 北口管理事務所前
■集合時刻:開始時刻(13時または10時)までにお集まりください。
■参 加 費:無料

<注意事項>
・開始時刻が開催回により異なります。ご注意下さい。
・日程などが変更になる場合があります。ご参加の際は、本ホームページや公園の掲示板・ホームページなどを確認の上ご参加下さい。
・公園へのアクセス等は、県立四季の森公園ホームページをご覧下さい。 

平成29年度(2017年度)の開催予定 

日 時 テーマ 内容 スタッフ
平成29年
4月16日(日)
13:00~15:00
樹に咲く花 いよいよ、百花繚乱の季節となり、生き物たちの活動が始まります。可憐な草花も魅力的ですが、樹に咲く花も、花姿は千変万化。思いがけない花姿に出会えるかもしれません。新たな出会いを求めて散策しませんか。 小池一臣
日比野聡
片山篤史
5月21日(日)
13:00~15:00
花の不思議 我々を楽しませてくれる花たち。その花の仕組み、役割、不思議を観察します。花自身も生態系の中で大きな役割を担っています。それらを知ることは日々の生活にきっと潤いをもたらしてくれることでしょう。 鈴置慎吾
日比野聡
大橋泰雄
6月18日(日)
13:00~15:00
シダの観察 公園ではたくさんのシダを見ることができます。ちょっと不思議で、どれも同じように見えるシダ。ぐっと近づいて観察してみませんか。木や草よりもずっと長い歴史をもつシダの不思議な世界を覗き、小さな違いを発見することで、公園を散策する楽しみが1つ増えることになるかもしれません。 日比野聡
小池一臣
細井聖
大橋泰雄
8月20日(日)
13:00~15:00
昆虫探索 公園には森林は勿論、池や小川、あし原、草地、石垣など様々な環境に多様な昆虫たちが生息しています。夏から初秋の虫たちで賑やかな四季の森公園で昆虫探しをしませんか? 片山篤史
村山智
嶺義則
9月17日(日)
13:00~15:00

10月14日(土)に順延
身近なクモ その姿やまとわりつく巣などで嫌われることの多いクモですが、生活の様子をよく観察してみましょう。きっと、クモの魅力を発見、親しみを感じられるようになると思いますよ。 松井公治
日比野聡
小池一臣
大橋泰雄
10月22日(日)
13:00~15:00
冬支度の草木 実りの森、色づく森で、果実(種子)や木々の葉・落ち葉を観察してみましょう。寒い冬を乗り切り、子孫を残すために慌ただしく冬支度をする植物たちの様々な戦略を観察することが出来ると思います。 大橋泰雄
鈴置慎吾
日比野聡
平成30年
1月21日(日)
13:00~15:00
春を待つ生き物たち 一見、すべてが眠っているように見える森の中ですが、生き物たちは、したたかに春に向けての準備を進めています。そんな生き物たちの密かな営みを探りに行きませんか。そして、観察の後は、温かい“七草粥”で春の息吹を味わいましょう。 小池一臣
日比野聡
鈴置慎吾
大橋泰雄
2月18日(日)
(※)10:00~12:00
冬の野鳥 冬は落葉樹が葉を落とし、野鳥をじっくりと見ることができます。また、この時期にしか来ない野鳥の姿を見るのも愉しみです。鳥のしぐさやくらしを観察し、森と鳥、人と鳥の関係も考えてみましょう。 日比野聡
村山智
片山篤史

(※)開催時刻にご注意ください