四季の森公園「自然を訪ねて~春を待つ生き物たち~」


日 時:1月16日(日)13:00~15:00  晴れ 

参加者:一般19 名、JFIK(スタッフ以外)2名 JFIKスタッフ3名    

すべてが活動を止めてしまっているような森の中だが、よく見れば、生き物たちは、春に向けて様々な準備を進めています。そんな様子を、冬晴れの中観察し、無事に終了した。

内容:

冒頭、参加者全員に対して講師紹介、続いて配布資料に基づき春を待つ樹木、春を待つ草花の順に、観察ポイントを説明した。特に樹木については、芽鱗に包まれている鱗芽と、包まれていない裸芽の区別、花芽と葉芽、一つの芽から花と葉が両方出てくる混芽の区別について写真を使って説明した。

観察でのトピック:

  • ミズキやハナイカダを例にとり、長枝と短枝の意味合いについて考えた
  • ナミテントウが集団越冬生活する様子を観察した。背中の星の数が様々であることが見て取れ、種内の多様性のふしぎさを感じた。
  • エゴノキが予備芽を持っていることを観察し、「心配性」な木だということを共有した。
  • ヤマボウシの花芽と葉芽を参加者に見つけてもらった
  • シナサワグルミの維管束跡が顔に見え、確かに葉とつながっていたのだなということを観察できた。
  • オオシマザクラの冬芽を例にとって「休眠打破」について説明し、冬の低温が必要であることを理解してもらった。
  • オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメウズが既に開花しており、「春を待つ」草花としては想定外であった
  • ヒガンバナとヤツデを例にとり、「春を待たない」生きものもいることを知ってもらった。
  • シラカシがカシノナガキクイムシの被害で枯死しているのを観察し、「春を迎えられない」生きものもいることに思いを馳せた。

幸田文さんはその著作「木」の中で、「見守る目」で見るのが芽吹き、「見遣(や)る目」で見るのが新緑と、文学者の目で使い分けている。生きものたちの四季おりおりの姿を楽しみたいものだ。

観察した主な生き物は以下:

樹木:アジサイ、コブシ、ミズキ、ヤブツバキ、カンツバキ、サンシュユ、エゴノキ、ヤマボウシ、オオシマザクラ、ニワトコ、シラカシ、ムラサキシキブなど

草花:アメリカフウロ、セリ、ヒメオドリコソウ、カラスノエンドウ、ノアザミなど 

昆虫:ナミテントウなど  

観察の様子:

全員集合して配布資料の説明

鈴置班

金子班

坂間班

ニワトコの冬芽と芽吹き

以上(坂間記)


神奈川の身近な自然を訪ねて~金沢八景の自然と歴史を訪ねる~


日 時:2021年12月18日(土)、22日(水)10:00~15:00
場 所:横浜市金沢区
参加者:一般45名(18日 20名、22日 25名)、スタッフ9名

新型コロナウイルス感染症の再拡大が心配される中、11月に続き、今回も実施することができました。今回は、京浜急行金沢八景駅集合・解散で、平潟湾を一周し、金沢八景の自然や史跡を訪ねました。

午前は、瀬戸神社、琵琶島神社、姫小島水門跡、龍華寺、洲崎神社などを見学しながら野島へ向かいました。野島では、旧伊藤博文金沢別邸を見学の後、昼食としました。

昼食後、平潟湾沿いの平潟湾プロムナードを歩き金龍禅院へ。金龍禅院を見学の後、金沢八景駅で解散としました。

瀬戸神社では、横浜市の名木古木に指定されているビャクシン、カヤ、イヌマキ等を、野島では、アメリカデイゴやモミジバスズカケ等を、また、平潟湾プロムナードでは、ヒメユズリハ、センダン、トベラ、クロガネモチ、ブラシノキ、ソテツ等を観察しました。

参加者、スタッフともにマスク着用等の感染防止対策をとりながらの実施となりましたが、二日間とも、好天に恵まれ、無事、予定通りに終わることができました。

瀬戸神社

 

1680年に大風で倒れたと伝わるビャクシン(瀬戸神社境内)

琵琶島神社

龍華寺

平潟湾プロムナードで樹木観察

金龍禅院


神奈川の身近な自然を訪ねて~善行から藤沢・俣野周辺の歴史と自然を訪ねて~


日 時:2021年11月24日(水)、27日(土)10:00~15:00
場 所:藤沢市、横浜市
参加者:一般72名(24日 37名、27日 35名)、スタッフ9名

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、2021年1月から活動を休止していましたが、ほぼ一年ぶりに再開することができました。
今回は、善行から俣野、旧東海道、遊行寺、旧藤沢宿を植物観察や史跡を訪ねながら散策しました。
午前は、昭和10年代に開設されたゴルフ場のクラブハウスであったグリーンハウスや立石神社などを見学しながら俣野別邸庭園まで散策しました。
俣野別邸庭園で昼食の後、旧東海道沿いに歩き、横須賀水道路、遊行寺、常光寺を経て、藤沢本町駅に向かいました。
参加者、スタッフともにマスク着用等の感染防止対策をとりながらの実施となりましたが、天気に恵まれ、無事、予定通りに終わることが出来ました。
長い活動休止期間があったにもかかわらず、多数のみなさんに参加していただき、感謝申し上げます。

グリーンハウス


グリーンハウス脇のスダジイ


立石神社

俣野別邸


遊行寺

遊行寺の大銀杏


遊行寺のダイオウショウ


常光寺


常光寺のカヤ


神奈川の身近な自然を訪ねて~丹沢山麓・蓑毛の陽だまりを訪ねる~


日 時:2020年12月16日(水)、19日(土)9:45~15:00
場 所:秦野市
参加者:一般56名(16日 27名、19日 29名)、スタッフ10名

10月、11月と同様の感染防止対策をとりながらの実施となりました。
今回は、かつて大山詣での西の玄関口として賑わった蓑毛地域を、植物観察や史跡を訪ねながら散策しました。

午前は、大日堂、宝蓮寺、旧御師の家などを見学しながら緑水庵まで散策しました。大日堂では、保存会の方に説明をしていただきました。また、大日堂、不動堂、閻魔堂の扉を開けていただき、「五智如来」、「五大明王」、「地蔵菩薩像」を拝観させていただきました。

緑水庵で昼食の後、大山鳥居、才戸の道標、東公民館を経て、田原ふるさと公園に向かいました。最後に、田原ふるさと公園では、地場の野菜やみかん等を販売する直売所で買い物を楽しみました。

大日堂の見学

宝蓮寺の見学

緑水庵で昼食

大山鳥居の見学

河岸段丘上の里道を歩く

田原ふるさと公園の実朝首塚


神奈川の身近な自然を訪ねて~山手の丘の自然と横浜ことはじめを訪ねる~


日 時:2020年11月18日(水)、21日(土)10:00~14:30
場 所:横浜市
参加者:一般56名(18日 26名、21日 30名)、スタッフ9名

10月と同様に、密状態を避けるために募集定員を50人から30人に減らし、また、マスク着用、受付時の健康チェックなど、様々な感染防止対策をとりながらの実施となりました。

今回は、横浜市中区の山手地域を、植物観察や史跡を訪ねながら散策しました。
午前は、山手イタリア山庭園、山手公園、横浜山手テニス発祥記念館、妙香寺、べーリック・ホールなどを見学しながら港の見える丘公園まで散策しました。

港の見える丘公園で昼食の後、横浜地方気象台のソメイヨシノ標本木、アメリカ山公園、外国人墓地、ジェラール水屋敷等を経て、元町厳島神社で解散しました。

ブラシノキ、フェイジョア、ゴモジュ、スダジイ、イトスギ、ベニバナトチノキ、メタセコイア、タブノキ、エノキ、クスノキ、マテバシイ、ヒマラヤスギ等の植物を観察しました。

タブノキ(樹齢400年ほど)の観察

山手公園(横浜山手テニス発祥記念館)

山手公園(ヒマラヤスギの観察)

妙香寺

横浜地方気象台(ソメイヨシノ標本木の観察)


四季の森公園 自然を訪ねて ~秋の実りと草花たち~


日 時:10月25日(日)13:00~15:00 晴れ
参加者:一般19名、JFIK会員1名、公園職員3名、JFIKスタッフ3名

13時に北口広場に集合し、3班に分かれ観察会を開始しました。1班は時計回り、2班は反時計回りで出発しました。池、アシ原の周囲を歩きながら、種子の散布方法を中心に子孫を残すための植物のたくましさやしたたかさを見ていきました。さわやかな秋空の下、1班の参加者も6、7人という少人数で、ゆったりと観察することが出来ました。

観察した植物
カツラ、アキニレ、アキノウナギツカミ、ミゾソバ、ユウガギク、トキリマメ、ヤブマメ、ツルマメ、ヤブタバコ、ガンクビソウ、キンミズヒキ、ツクバトリカブト、コバノカゴメヅル、ネナシカズラ、ツリフネソウ、ムクノキ、ニシキギなど多数

ダイコンソウのひっつき虫の観察

オオブタクサの雄花、雌花の観察

カラスウリの虫こぶの観察

オギとススキの違いの観察

ツリフネソウの観察

ヨウシュヤマゴボウの観察


神奈川の身近な自然を訪ねて~座間湧水の里・谷戸山公園に秋を訪ねる~


日 時:2020年10月21日(水)、24日(土)10:00~15:00
場 所:座間市
参加者:一般56名(21日 27名、24日 29名)、スタッフ10名

新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月から実施を見合わせてきた「神奈川の身近な自然を訪ねて」ですが、10月から再開いたしました。密状態を避けるために募集定員を50人から30人に減らし、また、マスク着用、受付時の健康チェックなど、様々な感染防止対策をとりながらの再開となりました。

今回は、神奈川県のほぼ中央に位置する座間を植物観察や史跡を訪ねながらの散策です。
午前は、星の谷観音(星谷寺)、鈴鹿明神社、龍源院、龍源院湧水、鈴鹿の泉、護王姫大明神社などを見学しながら県立座間谷戸山公園里山体験館まで散策しました。
県立座間谷戸山公園里山体験館で昼食の後、県立座間谷戸山公園内で植物等を観察し、小田急線相武台前駅で解散しました。

イヌマキ、スイフヨウ、イチョウ、タラヨウ、セイヨウヒイラギ、サルスベリ、シラカシ、ハナミズキ、ヒメツルソバ、ミゾホウズキ、クサギ、ヤブミョウガ、スズメウリ、ミゾソバ、等の植物を観察しました。また、県立座間谷戸山公園内で「ナラ枯れ」の状況を観察しました。

星の谷観音(星谷寺)

鈴鹿明神社

龍源院湧水

護王姫大明神社

県立座間谷戸山公園

県立座間谷戸山公園内での「ナラ枯れ」への対応


神奈川の身近な自然を訪ねて~大磯の自然と歴史を訪ねる~


日 時:2020年2月19日(水)、22日(土)10:00~15:00
場 所:大磯町
参加者:一般44名(19日 26名、22日 18名)、スタッフ14名

両日とも雨に降られることなく、大磯駅から、植物を中心とした観察と史跡を見学しながら散策することができました。

午前は、島崎藤村夫妻の墓地がある地福寺、新島襄終焉の地、鴫立庵、旧島崎藤村邸、旧東海道松並木などを見学しながら、県立城山公園旧吉田茂邸地区まで散策しました。

県立城山公園旧吉田茂邸地区で昼食の後、県立城山公園旧三井別邸地区を散策し、大磯町郷土資料館で解散しました。ナギ、河津桜、ウメ、イヌビワ、イヌマキ、クロマツ、エノキ、タブノキ、ビロードモウズイカ、リュウゼツラン、ナギイカダ、ウラクツバキ等の植物を観察することができました。

地福寺

地福寺 カワヅザクラ

鴫立庵

松並木

城山公園(旧吉田茂邸地区)

城山公園(旧三井邸地区)


神奈川の身近な自然を訪ねて 〜早春の菜の花と吾妻山からのパノラマを楽しむ〜


日 時:2020年1月22日(水)、25(土)10:00〜15:00
場 所:二宮町
参加者:一般64名(22日 41名、25日 23名)、スタッフ15名

JR二宮駅から、湘南軽便鉄道二宮駅跡、蘇峰堂梅園、吾妻山公園、吾妻神社、浅間神
社などを訪れました。両日とも、曇り〜晴れの天候で、吾妻山山頂では陽ざしに恵ま
れ、水仙や満開の菜の花、輝く相模湾と真鶴半島、伊豆半島などの眺望を楽しみました。富士山はあいにく、雲がかかり姿を見られませんでしたが、参加者の皆さんは、花とパノラマに満足されていました。二宮駅で、ガラスのうさぎ像を見た後、解散しました。

德富蘇峰記念館梅園の見学

コモチシダの観察

吾妻山山頂 エノキ

吾妻神社

吾妻神社 露頭観察

カワヅザクラの観察

浅間神社

ガラスのうさぎ像


四季の森公園 自然を訪ねて ~春を待つ生き物たち~


日 時:1月19日(日)13:00~14:30 晴れ
講 師:坂間、日比野、片山
参加者:一般 37 名、公園職員2 名、JFIK(講師以外)3名

すべてが活動を止めてしまっているような森の中だが、よく見れば、生き物たちは、春に向けて様々な準備を進めています。そんな様子を、冬晴れの中観察し、無事に終了しました。

全員集合して配布資料の説明

各班に分かれて挨拶

春を待つ草花を観察

春を待つ樹木を観察

日比野班

ヤマグワの芽を観察

片山班

ヨコヅナサシガメ幼虫の越冬を観察