神奈川の身近な自然を訪ねて
~箱根板橋界隈、小田原城の歴史と自然探訪~


日 時:2022年11月16日(水)、19日(土) 10:00~15:00
場 所:神奈川県小田原市
参加者:一般58名(16日 34名、19日 24名)、スタッフ10名

箱根登山鉄道/箱根板橋駅をスタート、先ずは用水としては日本最初の小田原用水の取入口を見学、そこから山伏の寺で知られる秋葉山量覚寺、そして電力王といわれた松永安左エ門の別邸・老欅荘の大ケヤキや茶室を巡り、すぐ隣の花の香林寺へと足を運ぶ。そこからは小田原北条氏総構(そうがまえ)の一角、三の丸外郭新堀土塁の高台に登る。坂の途中にある山縣有朋別邸の古稀庵および皆春荘も見学。三の丸外郭新堀土塁からはその昔秀吉が陣を構えた石垣山や美しい湘南の海が一望できました。午後は城山庭球場でお昼を食べてから小田原城に向かい園内のオガタマノキやビランジュなどの珍しい木を観察、最後は最近できた観光施設ミナカ屋上から小田原の美しい海・山・城を俯瞰し解散。水・土の両日とも快晴に恵まれ参加者からは楽しかったとのお言葉をいただきました。


小田原用水取入口


秋葉山量覚寺


老欅荘


小田原高校自然林


博打の木


小田原城


ミナカ屋上展望台


ミナカ展望台からの小田原城


四季の森公園
 自然を訪ねて~秋の実りと草花たち~


日時:10月23日(日)13:00~15:00 晴れ
場所:県立四季の森公園 はす池・あし原湿原周辺
参加者:一般18名 JFIKスタッフ3名

暦では、「霜降」でしたが、予報は今年最後の夏日ということで、汗ばむ陽気でした。
主たるテーマは「種子散布」。様々な散布様式の樹々・草花を観察することができました。

カツラの雌株を見上げてバナナの形の実を確認。拾ってあった実が配られ、中の種子を取り出すと、翼がついていて風散布種子とわかりました。

カツラの実と種子 実の長さは15ミリほど

アキニレの実を観察。こちらは種子ではなく実に翼がついていました。

ガガイモの実を観察。中に綿毛(種髪)がついた種子が入っているそうです。

他にも、実に翼がついているイロハカエデやシナサワグルミ、実に綿毛がついているキク科のヒヨドリバナやシラヤマギク、イネ科のオギやヨシ(アシ)、キンポウゲ科のセンニンソウなどなど、たくさんの風散布の植物が見られました。

センニンソウの実。綿毛は雌しべの一部(花柱)が変化したもの。名前の仙人草は、この綿毛を仙人の白髪(白髭?)に見立てたものだそうです。

ツリフネソウは、ほぼコース全体にあり、一人一人実をつついて種を飛ばしました。快感・・・。

水辺にはいろいろありました。実がはじけて種子が飛ぶ自動散布のツリフネソウ、水に浮く実をつける水散布のジュズダマ、チクチクした棘のある実をつけるアメリカセンダングサ、茎に棘があるアキノウナギツカミ、同じタデ科でも棘がないミゾソバなどなど。

ゲンノショウコを見ています。軽くつつくと、種が飛びます。花もまだ咲いていました。

種を飛ばす前

種を飛ばした後
この形から、みこし草とも呼ばれます。

チクチクした棘のある実が動物にくっつくキンミズヒキやヌスビトハギなどなど、ベタベタした実がくっつくチヂミザサやヤブタバコなど、ひっつき虫たちもたくさん見られました。まとめて付着散布と呼ばれるそうです。

靴についたひっつき虫たち

ガマズミやムラサキシキブは鳥に実を食べさせて種子を運んでもらいます(被食散布)。
そんな中でも、クサギやトキリマメはツートーンカラーで鳥を誘っているそう。

クサギ

トキリマメ

夕方近くには、ルリタテハが姿を現し、昼までつぼみだったツワブキが開花していました。

ルリタテハ

ツワブキ


神奈川の身近な自然を訪ねて
~鎌倉古刹の名木古木と、鎌倉幕府ゆかりの地を巡る~


日 時:2022年10月19日(水)、22日(土) 10:00~15:00
場 所:鎌倉市
参加者:一般67名(19日 24名、22日 43名)、スタッフ9名

午前は、JR北鎌倉駅をスタート。江戸期まで「駆け込み寺」として多くの女性を救ってきた東慶寺、鎌倉五山第四位の浄智寺、樹木が生い茂り昼でも薄暗い亀ヶ谷坂(切通)を通り寿福寺に向かいました。

東慶寺では、サンシュユやサネカズラの実、タイワンホトトギスの花など多くの秋の植物を観ることができました。また、西田幾太郎、岩波茂雄。和辻哲郎などが眠る墓地を訪ねました。
浄智寺では、鎌倉十井の一つである甘露ノ井や鎌倉市天然記念物に指定されているビャクシン、コウヤマキ、エドヒガン等の樹木を観ることができました。
亀ケ谷坂(切通)では、切通の景観や地層を観察。また、イヌカタヒバ、リョウメンシダ、コモチシダ等のシダを観ることもできました。
亀ケ谷坂(切通)を抜けた後、切り立った斜面に掘られた「やぐら」、また、道沿いのフタバハギ、アオジソ、チャ、イヌマキ等の植物を観ながら扇ガ谷から扇川沿いに歩き、寿福寺門前で昼食としました。

午後は、寿福寺、鎌倉唯一の尼寺である英勝寺、鶴岡八幡宮を訪ねた後、人通りの少ない小道を通り、若宮幕府跡、大佛次郎旧邸、宇津宮幕府跡、大巧寺等を経て、JR鎌倉駅で解散としました。
寿福寺では4本のビャクシンの古木をはじめモッコク、タラヨウ等、英勝寺では樹齢300年と推定され鎌倉市天然記念物に指定されているトウカエデやキササゲ等、鶴岡八幡宮では、2010年に倒れた大イチョウやご神木のナギ、イヌビワ、カジノキ、ドングリを付けたウバメガシ、クスノキ、オガタマノキ等の樹木を観ました。

東慶寺

浄智寺

亀ヶ谷坂(切通)

扇川

鶴岡八幡宮


かながわジュニア・フォレスター教室2022
 第3回「森で遊ぼう」


日 時:2022年10月15日(土)8:30~16:00
場 所:神奈川県立秦野戸川公園園路及びバーベキュー場
参加者:53名(子ども26名、大人26名、幼児1名)
スタッフ:JFIKスタッフ12名、かながわトラストみどり財団2名・広報関係4名・看護師1名

秦野戸川公園でのジュニア・フォレスター教室も実に3年振りの開催となりました。参加申込者が多くて抽選となってしまい、もれた方々には申し訳なかったですが、バーべキュー場のキャパシティからは目いっぱいの人数で中々にぎやかなイベントとなりました。

午前中は、樹木等を観察しながらバーベキュー場へ移動し、炭火をおこしてバウムクーヘン作りに挑戦しました。見事な年輪が出来た班もありましたが、苦労した班もありました。昼食はカートンドッグとバウムクーヘンのデザートと、楽しみながら頂きました。

午後のクラフトも、朴葉のお面作り、小枝の色エンピツアクセサリー作り、ブンブンゴマ作りと盛りだくさんで集中力を切らさずやり遂げた子供たちは達成感にあふれていました。

イロハモミジを観察

マッチで炭火おこし。

ホットケーキミックスで生地を作ります。

竹を回して焦げ目をつけます。

バウムクーヘン出来上がり!年輪もバッチリです。

カートンドッグが見事に焼きあがりました。美味しそう!

丸太切でノコギリ初体験

ナイフでのエンピツ削りも初体験

閉会式で班毎に感想を発表しました。

最後に全員で集合写真を撮りました。


神奈川の身近な自然を訪ねて
~彼岸花と里山の景観を楽しむ~


日 時:2022年9月21日(水)10:00~14:30、24日(土)台風接近のため中止
場 所:藤沢市、茅ヶ崎市
参加者:一般40名(21日 40名、24日 中止)、スタッフ8名

今回は、下のコースで実施しました。
湘南台駅西口→(路線バス)→慶応大学バス停→寶泉寺 →小出川 →茅ヶ崎里山公園・里の家 (昼食)→腰掛神社→茅ヶ崎里山公園・パークセンター芹沢入口バス停

慶応大学バス停から散策をスタート。タラヨウ、エゴノキ、ホオノキ等を観察しながら、寶泉寺に向かいました。寶泉寺では、法堂や大仏を見学。また、モクゲンジやミツマタ等を観察しました。

赤や白の彼岸花が綺麗に咲いた小出川の土手を歩き、茅ヶ崎里山公園へ。小出川沿いでは、彼岸花の他に、赤や白のハギの花、カラスウリの花や果実、刈り取り間近の稲穂なども観察することができました。

茅ヶ崎里山公園の里の家で昼食としました。

午後は、腰掛神社を見学した後、茅ヶ崎里山公園の谷(やと)を歩き、ヤブミョウガ、アカネ、ガマ、クリ、クサギ、オニドコロ等を観察しながらパークセンターへ向かい、解散としました。

参加者、スタッフともにマスク着用等の感染防止対策をとりながらの実施となりました。21日(水)は好天に恵まれ、彼岸花や里山の景観を楽しむことができました。24日(土)は台風接近のため、残念ながら中止としました。

寶泉寺
寶泉寺

寶泉寺の大仏
寶泉寺の大仏

小出川の彼岸花
小出川の彼岸花

腰掛神社
腰掛神社

茅ヶ崎里山公園
茅ヶ崎里山公園

茅ヶ崎里山公園
茅ヶ崎里山公園

茅ヶ崎里山公園パークセンター
茅ヶ崎里山公園パークセンター


四季の森公園
 自然を訪ねて~昆虫を探そう~


日時:8 月 21 日(日)13:00~15:00 曇りのち晴れ
場所:県立四季の森公園 はす池・春の草原・あし原湿原周辺
参加者:一般 18 名 JFIK スタッフ 3 名

曇り時々雨の予報でしたが、雨が降ることはなく、2グループに分かれて昆虫をキャッチ&リリースしながら観察を楽しみました。

詳細は以下のリンクからご覧ください。

活動報告 四季の森公園「自然を訪ねて~昆虫を探そう」8月.pdf

 


かながわジュニア・フォレスター教室2022
 第2回「森で暮らそう デイキャンプで夏を満喫!」


日 時:2022年7月30日(土)10:00~16:00
場 所:南足柄市 足柄森林公園丸太の森
参加者:児童22名 保護者18名+幼児3名 合計43名
スタッフ:JFIK会員12名、かながわトラストみどり財団2名、看護師1名

丸太の森でのイベント開催は実に4年ぶりとなりました。台風で2回、新型コロナで2回中止になり、やむを得ないこととはいえ不運続きでした。さらに、本来は1泊2日のキャンプでしたが、キャンプ場リニューアル工事のため今年は日帰りイベントとなってしまいました。看板イベントでもあるので、少し残念でした。

当日は天気に恵まれ、蒸し暑い一日となりました。熱中症要注意ですが、公園内は標高も少し高く日陰も多いので夏のイベントには向いています。新型コロナも要注意ですが、熱中症対策として、状況に応じてマスクは外していいよとの指示も出されました。

午前中のプログラムは「林業体験」です。ナラ枯れした木の伐倒を見学し、遊歩道沿いに落ちている枝木を拾い集め、チッパーという機械で木のチップを作り、遊歩道に敷きつめるというものです。丸太の森でも場所によってはナラ枯れの被害は甚大で、子どもたちも、病気で枯れていく木々にショックを受けているようでした。プログラムリーダーが立ち枯れしたコナラをチェーンソーで倒すと、大きな音とダイナミックなシーンに歓声が上がります。林業の一端を実感できたことでしょう。チップ作りも初めての体験です。大きなエンジン音とバリッ、バリーッという機械音と共に、太めの枝もたちまち小さなチップになっていきます。時間の関係で広い範囲にチップを敷くことはできませんでしたが、普段歩いている遊歩道のチップがこのような作業でできていることが実感できたことでしょう。

木を切ったド~!

チップをちょーだい!?

午後は、子供たちお待ちかねの人気プログラム「リバートレッキング」です。いわゆる「沢登り」ですが、子どもたちにとってはプチ・アドベンチャーとなります。出発直後、先頭の班リーダーが何でもない所でバランスを崩して、いきなり水没! 「きっと演出に違いない」と思えば思えないこともありませんが…。でも、これで安心したのか、わざと水没する子も出て、とても楽しそうでした。身体を三点で確保する三点支持を基本に滑りやすい沢を登り、時には張られたロープをよじ登る。ビショビショに濡れても気にしない楽しいアドベンチャー体験です。1時間半ほどかけて沢を登りキャンプ場に帰ってきたときの顔は充実感にあふれていました。

最後は、班ごとによる感想文の発表が行われました。代表が一人で堂々と発表したり、班全員で発表したりと様々でしたが、それぞれ今回の楽しかったこと、もっとやりたいことなどを思うままに発表できていたと思います。「また来たい!」という声も多く聞かれ、来年こそは「キャンプ」が実施できることを願うばかりです。

三点支持が大切だよっ!

みんな、がんばりました~! 集合写真


かながわジュニア・フォレスター教室2022
 ~第1回「森で学ぼう」~


日 時:2022年6月12日(日)10:00~15:00
場 所:横浜市戸塚区名瀬町、名瀬谷戸の会管理の里山
一般参加者:56名(子ども34名、保護者21名、幼児1名)
スタッフ:JFIKスタッフ12名、名瀬谷戸の会会員5名
     かながわトラストみどり財団2名・看護師1名

ジュニア・フォレスター教室は、「第61回全国植樹祭 2010かながわ」のプレ事業として2009年にスタートしました。今年でもう14年目となるJFIKの看板事業の一つでもあります。当初は年3回開催でしたが、諸事情により2回開催となり現在に至っております。台風や新型コロナの影響もあり、この数年は開催自体も停滞しておりましたが、今年度は、当初の目的の一つであった「緑の少年団におけるリーダー層に相当する人材を育成して,開催後も継続した森に親しむ活動の仕組みを整備する。」という点をを見直そうということもあり年3回開催が復活しました。しかし、復活とはいえ新しく会場を確保し、新規プログラムを構築するのは困難なものがありました。そんな中、JFIKも設立当初より関わり、いまや貴重な市民活動へと発展を遂げている「名瀬谷戸の会」の協力により名瀬の里山で開催することができたのです。

開催数日前より、午前中雨あるいは午後から雨だとか、ころころ変わる天気予報に翻弄されましたが、当日は朝から天気に恵まれ、熱中症に注意が必要なほどの暑さとなりました。参加申し込みは児童40名、保護者27名、幼児1名の68名でしたがキャンセル等により56名を6班に分けての開催となりました。

午前中は、二手に分かれて「竹林整備体験」と「竹とんぼ作り」を前半後半の交代制で行いました。竹林整備体験の指導は、竹林作業には手慣れた名瀬谷戸の会メンバーが指導してくださり、子どもたちも「楽しい!」「自分で切った竹を持って帰る~!」と大好評でした。名瀬谷戸の会の協力がなければできなかったプログラムでした。ありがとうございました。竹とんぼ作りは「地産地消」をコンセプトに、名瀬の竹を加工して準備した材料を使いました。保護者の方と一緒に、バランスとりに苦労しながらも、やっと作り上げた竹とんぼが空高く空に舞うと、本当にうれしそうな笑顔を見せてくれたのが印象的でした。何日もかけて材料を作った竹とんぼオジサン(誰?)も報われたのではないかと思います。

午後は、「ミッション オリエンテーリング」と題してミッションをこなしながら名瀬の里山をぐるっと巡るプログラムです。回る順番が書いてあるミッションカードを引いて、各ミッションのあるⒶ、Ⓑ、Ⓒ、Ⓓ、Ⓔ地点目指してスタートです。…ところが、1時間もたたないうちに「30分後に雨がふるよ」と雨雲レーダー予報が…、急いで連絡を取り始めましたが、10分位で雨が降り始め、すぐに土砂降りに! 30分程のゲリラ豪雨でしたが、竹林に避難を余儀なくされた班も出て大混乱となりました。天気の良さに油断していました。雨雲レーダーなどで常に確認が必要だと反省です。ずぶ濡れ、足元ぐちゃぐちゃのミッション終了となりました。閉会式を早めた午後3時、あの土砂降りは夢だったかのように青空が広がってきました。(角田記)


竹林整備作業体験のようす

保護者も一緒に竹とんぼ作り

ミッションをクリアせよ!
虫を探してジャ~ンプ!でもこの後雨が…

はい、バター~! 集合写真
本日は晴天なり~……


四季の森公園「自然を訪ねて」
シダの観察


日時:6月19日(日)13:00~15:00 晴れ
場所:県立四季の森公園 はす池・あし原湿原周辺、ピクニック広場、紅葉の森
参加者:一般20名 JFIKスタッフ3名

梅雨の晴れ間の蒸し暑い午後、五月雨をたっぷり吸ったシダを見て回りました。多くのシダの地上部は全て葉です。その形や色合い、質(厚さ)、裏側につく胞子嚢群の様子が種類を見分けるポイントになるため、シダの観察というと、葉を見て触ってめくっての繰り返しになります。約2時間繰り返した結果、全部で40種近くのシダを確認できました。
明るく開けた所では、ミドリヒメワラビや街中にも多いイヌワラビが葉を広げていました。
ミドリヒメワラビは、三角形のシルエットで独特の美しい緑色(図鑑では鮮緑色と記されています)、柔らかい手触りの葉が特徴です。
やや暗い木陰には、葉の裏の胞子嚢群に真っ赤な蓋がついたベニシダ、葉柄に鱗片が多く毛むくじゃらな感じのオクマワラビ(雄熊蕨)やイノデ(猪手)などが目立ちました。


事務所前で全体説明

イヌワラビとベニシダを観察

ミドリヒメワラビの手触りは?

ジュウモンジシダを観察

フモトシダを観察


神奈川の身近な自然を訪ねて
~足柄平野「あじさい祭」を楽しむ~


日 時:2022年6月8日(水) 11日(土)  10:00~15:00
場 所:神奈川県松田町・開成町
参加者:一般54名(8日29名 11日25名)、スタッフ10名

小田急新松田駅に集合、そこからまず寒田神社を訪ね、歴史のある神社とそれを取り囲む社叢林を観察しました。特にカヤ、ケヤキ、イチイガシ、イチョウなどの大木がその歴史の長さを伝えます。その後酒匂川にかかる新十文字橋を渡り開成町に入ります。田植えを終えた水田の農道に植えられた約5000株の各種アジサイが我々を迎えてくれました。祭の各拠点にはテントが張られ、屋台が出て法被を着た子供たちもいて祭り気分を盛り上げてくれます。このような雰囲気は本当に久しぶりです。昼食はかつての庄屋住居だった瀬戸屋敷でいただきました。午後は吉田神社、開成水辺スポーツ公園を経由し黄色いミヤコグサの咲く土手の上を開成駅まで歩き解散しました。両日とも雨が心配されましたがいずれも雨に遭わず楽しい一日を過ごすことができました。


① 寒田神社


② アジサイの観察(1)


③ アジサイの観察(2)


④ 瀬戸屋敷でユズリハの観察


⑤ 瀬戸屋敷でサルスベリの観察


⑥ 酒匂川の本堤と控え堤の間を歩く


⑦ 酒匂川堤防でマユミの観察