神奈川の身近な自然を訪ねて~陽春の矢倉沢往還・大山道を歩く~


開催日:2013年3月20日(水)
参加者:一般47名、JFIKスタッフ12名

矢倉沢往還は江戸時代は大山への参詣路の一つで、今回はその往時の面影を残している鶴巻温泉近くの善波川沿いの古道を歩くコースで観察会が行われました。丁度、桜の開花時期にあたり、春の山野草、三嶋神社のシダレザクラ、里山の緑のグラデーションが我々を出迎えてくれました。お花見気分も味わえて、参加者 から自然と笑顔がこぼれるような春の1日でした。

20130320矢倉沢往還の歴史を語る

矢倉沢往還の歴史を語る

20130320矢倉沢往還の馬頭観音

矢倉沢往還の馬頭観音

20130320展望を楽しむ

展望を楽しむ

嶋神社のしだれ桜はまさに見頃

三嶋神社のしだれ桜はまさに見頃

カラスウリの種は縁起物

カラスウリの種は縁起物

どれ?スイセンの花びらは

どれ?スイセンの花びらは

陣屋の庭を見学

陣屋の庭を見学

全員元気にゴールしました

全員元気にゴールしました


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて   パーマリンク

コメントは受け付けていません。