神奈川の身近な自然を訪ねて~山滴る玉縄を歩き、フラワーセンター(大船)に遊ぶ~


日 時:6月17日(土)10:00〜15:00 晴れ (6月21日(水)は雨天のため中止になりました)
参加者:37名

まずまずの天候の中、大船駅から柏尾川の流れを下り、駅弁で有名な大船軒本社と鎌倉ハム富岡商会を抜けて北条氏と里見氏が戦った際の戦死者の首を弔った、と言われる玉縄首塚へ。

岡本トンネルを抜けて神明神社に立寄り、人家の間の見過ごしてしまいそうな路地から山へと続く階段を上ると緑に囲まれた平安時代の創建と伝えられる岡本神社に出ます。

神社の横から岡本神社の奥社へと続く山道は平安時代からの道と言われるが、今は人もあまり通らないようで、スダジイ、モチノキ、ヤブツバキ、ヤツデ、ヤマザクラ、コナラ、スギなど、人が手を入れない森に囲まれる尾根道を辿ります。

尾根道の「ぶっけり仏」と呼ばれている北条氏の供養墓があった場所から道は下り、木の根が所々張り出した急な山道を滑らないよう下りました。

玉縄城主であった北条氏の菩提寺である龍寶寺の境内はきれいに整備され、金毘羅宮、新井白石の碑、国の重要文化財の旧石井家住宅、民族資料館など、玉縄の歴史に触れることができました。

フラワーセンターで昼食をとり、午後はここでつくられたタマナワザクラを始め、今が盛りのハナショウブ、樹高100mに成長するセコイア、ミズカンナの花、ハンゲショウの白い葉と花、ハンカチノキの実、国内の森に生育する樹木、温室では色とりどりの花の他、日本にはないスミレ科の木などを見ることができました。

途中険しい山道もありましたが、みなさん怪我もなく、玉縄の自然と歴史、それにフラワーセンターの花々を楽しんで頂けたようでした。

大船観音と柏尾川

大船軒

玉縄首塚

岡本トンネル

神明神社

岡本神社

龍寶寺へ向かう尾根道

北条氏供養墓(ぶっけり仏)址

龍寶寺

旧石井家住宅内

玉縄城付近の模型(民俗資料館)

大船フラワーセンター菖蒲園

バラ園

温室のスイレン

温室のブーゲンビレア

花壇に咲く色とりどりの花

池に咲くハス

妖しい色のヒスイカズラ


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて   パーマリンク

コメントは受け付けていません。