神奈川の身近な自然を訪ねて ~春爛漫の里山を歩く―頭高山~渋沢丘陵~


日 時:2018年4月21日(土)10:00~15:00 晴れ (25日(水)は雨天のため中止)
参加者:一般 35名、スタッフ 8名

朝10時に小田急線渋沢駅集合。風も心地よく晴れ渡り、素晴らしい観察会日和となりました。4班に分かれて出発。

渋沢の町を登りながら抜けて里山の面影の残る室川沿いの畑道に出ます。様々な色の緑の山と、オドリコソウ、オオジシバリ、クサノオウなどを観察しながら、「ふるさと生き物の里」に向かいます。

ここは自然が残る谷戸田、遊水地を秦野市が「ふるさと生き物の里」に指定して整備した場所で、シュレーゲルアオガエルの鳴き声が迎えてくれました。ツルニチニチソウ、コメツブツメクサ、キュウリグサ、ヤブヘビイチゴ、ケキツネノボタ ン、ムラサキケマンなどが咲いていました。卵嚢を腹部に持ち運ぶコモリグモも見られました。ここにはホタルを始めとしてホトケドジョウ、シャジクモなど貴重な生き物がすんでいます。水路がホタルの産卵が可能なように壁面に工夫をしているホタル工法の様子などを見学した後、チューリップの寺として知られる曹洞宗のお寺泉蔵寺に向かいます。

泉蔵寺は1481年開かれ、徳川家光から寺領13石の朱印を受けていました。残念ながらチューリップは殆ど終わっていましたが、ボタンが見事でした。カラスノエンドウ、スズメノエンドウ、カスマグサの違いを確認することができました。

その後向かったのは、樹齢600年と推定される大杉が聳え、鬱蒼とした木立に囲まれた白山神社。千村の鎮守で、徳 川家康から社領1石5斗の朱印を受けていたそうです。ホウチャクソウ、ツルカノコソウ、サンショウの花を観察しました。

ここから傾斜が増した山道となり、ヤマルリソウ、ミツバウツギ、ムラサキケマンなどを楽しみながら頭高山に向かいます。途中いくつもの獣道が山道に降りてきています。

頭高山の登り口からは丹沢山系の眺めを参加者の方々に楽しんで頂きました。

最後の山道ではカキドオシの群落、ナツトウダイ、オニシバリ、ホタルカズラ、ギンラン、アマドコロ、タラノキなどを見ながら山頂に到着しました。山頂には秋葉神社があり、かつては秋葉山とも呼ばれていた山頂で昼食を取りました。

昼食後可愛らしい花を咲かせたフデリンドウを確認してから山を下り、渋沢丘陵の尾根道を辿りました 。

途中全国の食用桜花の7、8割を生産すると言われる千村の八重桜の林を通りました。まだ花が少し残っていました。

林道ではマルバウツギ、ナツグミ、ガマズミ、ハナイカダの花やサルトリイバラなどを観察しました。野鳥の繁殖期を迎えたため、ウグイス、シジュウカラ、ヤマガラ、キビタキなどの囀りもよく聞こえました。

「かりがね姫」の悲しい物語が残る雁音神社に立ち寄り、展望台では再び丹沢の山々が迎えてくれました。広々とした尾根道にはソラマメ畑が広がり、遠くには箱根の山々も臨めました。

最後の下り道ではシラユキゲシ、マルバアオダモ、ハンショウヅルの花も見られ、新緑と野草を堪能し、渋沢駅に戻りました。

渋沢駅前のヤエザクラ

室川沿いの畑道。オオジシバリ、オドリコソウ、クサノオウなどの野草が見られた

ふるさと生き物の里の蓮田

白山神社。推定樹齢600年の杉

白山神社でサンショウの雌花、雄花の違いを観察

ヤマネコノメソウ

頭高山入口で丹沢山系を眺める

ホタルカズラ

ギンラン

頭高山山頂で昼食後フデリンドウを観察

千村のヤエザクラの林で近辺で咲く花の説明

渋沢丘陵の尾根道からの展望


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて   パーマリンク

コメントは受け付けていません。