神奈川の身近な自然を訪ねて ~夏空の観音崎 歴史を秘めた青海・緑森・白灯台~


日 時:2018年7月18(水)、21日(土)10:00~15:00
場 所:横須賀市
参加者:一般39名(18日17名、21日22名)、スタッフ11名

両日とも快晴で、真夏の暑い一日でした。京急馬堀海岸駅に集合。4班に分かれて出発しました。

午前中は、走水水源地、御所ヶ崎、走水神社などを訪ねました。
昼食を、県立観音崎公園内の「うみの子とりで」で摂り、午後は、観音崎公園内で常緑樹林を構成する樹木やシダ、砲台跡、地層等を観察しながら、戦没船員の碑、観音埼灯台を経て、観音崎バス停まで歩きました。

走水水源地

走水神社

うみの子とりでで昼食

常緑樹林の観察

池子層の断層を観察

戦没船員の碑

観音埼灯台


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて   パーマリンク

コメントは受け付けていません。