かながわジュニア・フォレスター教室2017 第1回「森を知ろう」


日 時:6月24日(土) 9:00~15:10
場 所:県立四季の森公園
参加者:一般22名、JFIKスタッフ12名、トラスト財団1名、看護師1名

梅雨の合間の晴となり暑い中の活動となりました。スタッフは北口事務所前に集合、ミーティングを行い9時から受付開始。多少の欠席もありましたが合計22人の参加者で予定通り4班に分けることにしました。

かながわトラストみどり財団の挨拶のあと、スケジュール等の紹介、安全については特に熱中症対策の水分補給等について説明をしました。次に愉快なストレッチ体操で身体をほぐして出発。

今年の森を巡るクイズラリーは、森の役目、大切さを知るために、その基礎となる水の循環に注目した内容です。水がどのように流れ、その水を植物がどのように吸収するか等、森の生き物や植物を観察して、理解を深めるのが目的。水の動き、樹々の比較、葉の付き方、役目等の質問をつくりました。各リーダーは標識のある場所等で子供たちに問い掛け、考えさせ、解説を加えていました。時には大人の想像を超えた子供たちの答えに、リーダーが戸惑う場面もありました。

12時頃ワークセンター到着、昼食・休憩後、13:00よりゲーム開始。最初は動植物のカルタ取りです。例年同様、班別対抗にしたので、大いに盛り上がりました。昨年、時間の関係でカットとした決勝戦まで行いましたが、ここまで来ると学習効果もありカルタの取リ方は相当早くなっていました。

次に「コウモリと蛾」のネイチャーゲーム。このゲームはまず10人位で手をつなぎ人の輪を作ります。その中で1人が目隠しをしてコウモリになり、蛾になった3人に声をかけながら捕まえるというものです。小さい子がコウモリになった場合少し大変でしたが、そこは輪を小さくしてカバー。大変な熱気となりました。感想文でもこのゲームが一番面白かったというのが多かったようです。

小休憩後、プログラムリーダー手書きの紙芝居よるクイズラリーの回答と森の役目の解説、さらにストローと長いチューブによる樹の水の吸い上げ体験。いずれも参加者は森の役目それを構成する植物に対する興味を深めていました。

この後アンケート・感想の記入と発表、修了証授与と講評の後閉会となりました。アンケート・感想にも「ネイチャーゲームが楽しかった」「水や森の役割が分かった」「また参加したい」との声が多くありました。

2017年度の第1回かながわジュニア・フォレスター教室は、天気にも恵まれ、参加の皆様、多くのスタッフの協力で、無事終了することができました。

第2回「森で暮らそう」は足柄森林公園丸太の森で1泊キャンプです。詳細はこちら

活動の様子を写真でご覧下さい。

北口で受付

開会のあいさつ

ストレッチ体操

蓮池付近で観察

クヌギの解説

ホタルと水の説明

葉はどのように付いているかな?

この水はどこから来たの?

昼休みに草笛の練習

後援いただいたダイドーさんの飲み物を美味しくいただきました

生き物カルタ取り

ネイチャーゲーム

紙芝居で森の説明

感想発表

閉会式で修了証授与

最後に参加者全員で集合写真


カテゴリー: ジュニア・フォレスター教室 | かながわジュニア・フォレスター教室2017 第1回「森を知ろう」 はコメントを受け付けていません。

四季の森公園 自然を訪ねて~シダの観察~


日 時:6月18日(日)13:00~15:00 曇り後雨
参加者:一般20名、公園1名、JFIKスタッフ15名

公園内の約30種のシダを観察しました。普段見分けがつけにくいシダをじっくりと観察
していただきました。途中から雨が降り出し、慌ただしい後半になりました。

北口広場に集合し、リーダーの挨拶の後、3班に分かれて観察を行いました。
観察会の様子を写真で紹介します。

午前中は下見を行い本番に備えました

リーダーの挨拶でスタートしました

3人の班長が、それぞれの持ち味で進めていきました

小川の岸に生えるシダを観察

山側の薄暗い通路は絶好の観察ポイント

ハナショウブがきれいでした。珍しいシダの仲間ミズニラが生えています

その奥には、ジュウモンジシダやイワガネソウがあります

ドクダミの群落が目立ちました

池を一周して、最後の観察スポットです

ハナショウブに雨が降り注いでいました

アジサイには雨がお似合い


カテゴリー: 四季の森公園 | 四季の森公園 自然を訪ねて~シダの観察~ はコメントを受け付けていません。

神奈川の身近な自然を訪ねて ~新緑溢れる奥湯河原~湧水湿地「池峯」と万葉公園を訪ねて


開催日:5月24日(水)および27日(土) 晴れ
参加者:両日合わせ101名、JFIK会員12名

両日とも好天に恵まれた中、JR湯河原駅に集合し、5班に分かれバスに乗車してスタートしました。

奥湯河原入口バス停で下車し、旅館「青巒荘」様でトイレをお借りし、その後池峯橋から林道を歩き始めます。

すぐにフォッサマグナ要素植物であるオトメアオイやランヨウアオイに出会います。林道は新緑の樹木に覆われ、木漏れ日の中を歩きます。気温の高い日でしたが、林道は爽やかな涼しさに満ちています。林道沿いには、アブラチャン、コクサギ、フサザクラ、イロハモミジ、ケヤキ、コナラ、シロダモ、クスノキなどの樹木があり、またナルコユリやユキノシタ、ハナミョウガの花なども楽しめます。

ワサビ沢を過ぎ、しばらく歩くと、急に明るく開けた「もみじの郷」に出ます。ここは秋の紅葉時には人気スポットになっているところです。

このあたりから、かすかに「コロ コロ コロ」という鳴き声が聞こえてきます。少し下ると樹林に囲まれた湧水湿地「池峯(いけみね)」が現れます。訪れる人の少ない静寂に満ちた湿地です。しばらく静かにしていますと、「コロ コロ コロ」とシュレーゲルアオガエルが鳴き始めます。

ここから万葉公園に向かっての下りが始まります。オオバヤシャブシの黒い実が落ちている道を歩き、ハナミョウガやウラジロなどを見ながら下ります。一般道に出ると、それまでの樹林の道から一挙に変わり、見晴らしの良い道となります。湯河原の町並みを見下ろし、遠くに真鶴半島の三ツ石も見ることができます。

万葉公園の独歩の湯近くの休憩所で昼食をとり、その後は公園内を歩き、狸福(りふく)神社や温泉手水(源泉)、熊野神社を訪れ、2・26事件の現場の一つとなった「光風荘」で館内を見学しました。

その後バスで湯河原駅まで行き、駅で解散となりました。
初夏の一日、新緑の溢れる奥湯河原で花と新緑と森林浴を楽しんだ一日となりました。

スタート地点の池峯橋

林道沿いのナルコユリ観察

ナルコユリ

ワサビ沢でワサビ観察

もみじの郷を歩きます

池峯へ

静寂な池峯でシュレーゲルアオガエルの声が

オオバヤシャブシ並木

相模湾を望む

万葉公園


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて | 神奈川の身近な自然を訪ねて ~新緑溢れる奥湯河原~湧水湿地「池峯」と万葉公園を訪ねて はコメントを受け付けていません。

四季の森公園 自然を訪ねて~花の不思議~


日 時:5月21日(日)13:00~15:00
参加者:一般34名、公園1名、スタッフ11名

好天に恵まれ大変暑い中での開催となりました。「花の不思議」をテーマに、草木の花が咲くのはもちろんのこと、生物が生きていること自体に不思議さがあるということを強調した観察会となりました。

北口広場に集合し、リーダーの挨拶の後、3班に分かれて観察を行いました。

暑い日だったので、日陰に集まりリーダーの挨拶でスタートしました

3班に分かれて観察が始まりました。この班は右回りです

別の2班は左周りで、池と葦原を巡りました

キショウブの花の作りやショウブを観察しました

中間地点で反対周りの班と交差しました

その中間地点で水分の補給をして少し休憩となりました

サワグルミの花やキブシの実を観察して進みます

ツリバナを見た後、アヤメも咲いていました

ホオノキを眺めると、足元にはムラサキサギゴケが咲いていました

出発点に戻り解散となりました

この日、一番気を引いたのはクルミマルハバチの幼虫だったかもしれません

アカスジキンカメムシも成虫になりつつあり、きれいな色合いです


カテゴリー: 四季の森公園 | 四季の森公園 自然を訪ねて~花の不思議~ はコメントを受け付けていません。

神奈川の身近な自然を訪ねて~高尾山のブナの新緑と春の花を楽しむ~


日 時:4月15日(土)10:00~14:30晴のち一時雨、4月19日(水)10:00~14:30晴
場 所:八王子市
参加者:一般81名(15日35名、19日46名) JFIKスタッフ9名

年間260万人が訪れるという人気の高尾山で新緑と春の草花を楽しみました。

日本一急勾配のケーブルカーを利用し、メインの1号路を通り山頂まで歩きました。途中ではブナ、イヌブナ、イロハモミジ等の新緑を楽しみ、シュンラン、ヤマルリソウやエイザンスミレ、ナガバノスミレサイシン他多くのスミレ類も迎えてくれました。「殺生禁断の地」として守られたスギやモミの巨木も見事で、皆様に高尾山の歴史を感じていただけたようです。ヤマザクラ、ミツバツツジも満開でした。

15日はあいにく春霞に隠れていましたが、19日は山頂では富士山が雄姿を見せてくれました。帰路は4号路を下りヒナスミレ他多くの草花や「美人ブナ」やハリギリの巨木等を観察しました。15日は人の多さと一時の雨に見舞われましたが、両日とも春を堪能した一日でした。

日本一の急勾配を登るケーブルカーに乗って出発

推定樹齢450年、幹回り6mの「蛸杉」
天狗衆の道路工事の際一晩のうちに根をくるくる曲げたと言われる

ヤマルリソウ
花の中心に穴があり、中に雄しべと雌しべが隠れるようについている

ナガバノスミレサイシン
高尾山を代表するスミレの一つ。名の通り葉が長く、距が短いのが特徴

神変堂
修験者の役小角にちなむ。なぜか額の文字は故佐藤栄作元総理大臣の揮毫

ケヤキの古木に造られたムササビの巣穴

薬王院本堂のカラス天狗
神仏混交の地、高尾山の本堂にはしめ縄が下がり、建物も神社風につくられている

599mの山頂から富士山を望む
高尾山の「浅間神社」にお参りすると、富士山登拝と同じご利益があると言われている

伐採された中心が腐食したモミの巨木
立ち木の隙間を狙い見事に倒された

吊り橋を渡る 少しアドベンチャー気分


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて | 神奈川の身近な自然を訪ねて~高尾山のブナの新緑と春の花を楽しむ~ はコメントを受け付けていません。

四季の森公園 自然を訪ねて~樹に咲く花~


日 時:4月16日 13:00~15:00 天候:晴れ
参加者:一般:21名(内 子ども2名)、スタッフ12名、公園:2名

サクラの花吹雪の中、気持ちの良い状況で観察会を実施しました。
華やかな樹の花や地味な樹の花をメインに、沢山の草花を眺めながら進行しました。

2時間の観察を楽しく過ごしていただけたと思います。

折しも、まさに山笑うという感じでした

ナノハナが咲く中、下見をしました

クマガイソウも咲き出しました

ウワミズザクラも花の穂を伸ばしていました

観察会の開始です。3班に分かれて出発しました

カツラの地味な花の説明から始まりました

2班は左回りで進みました

もう1班は右回りです

お子さんも一生懸命観察していました

中間地点で3班が交差しました

シナサワグルミの花と複葉を確認しました

キブシの木には、アオダイショウがじっと休んでいました

ミツバツツジの色合いが鮮やかでした


カテゴリー: 四季の森公園 | 四季の森公園 自然を訪ねて~樹に咲く花~ はコメントを受け付けていません。

神奈川の身近な自然を訪ねて~春の草花を求めて四十八瀬川の里山を歩く~


日 時:3月22日(水)10:00〜15:00 晴れ、3月25日(土)10:00〜15:00 晴れ
場 所:秦野市
参加者:一般90名(3月22日 51名、3月25日 39名)、スタッフ15名

渋沢駅から、四十八瀬川に向かい住宅街を歩いて行くと正面に真っ白な富士が、その先右手に丹沢の山々が目に入ってきます。ここ秦野盆地は、秦野断層と渋沢断層の活動により形成された盆地で、水無川、金目川などの扇状地からなり、とくに四十八瀬川の辺りや上地区には里山風景が残っています。のどかな四十八瀬川の土手道を春の気配を感じながら歩き、上地区に向かう馬場坂(ばんばざか)を上がっていきます。この地区の山の中腹の平地で、農家の馬の草競馬が行われていたことから馬場坂となったそうです。坂の途中には、ジロボウエンゴサク、カテンソウ、オドリコソウ、ヤマネコノメソウなど、春の花が咲き始めています。

上公民館からは、里山の風情が色濃く残る八沢地区を歩き、シュンランやヤマルリソウ、オキナグサなどにも出逢いました。歩いて行くと、煙突がある土壁づくりの古い建物をいくつか見かけました。秦野盆地は、江戸時代から葉タバコの生産が盛んで全国三大銘葉の一つであったものの徐々に衰退し、今では生産されていませんが、葉タバコの乾燥小屋だけが残っています。

また、上地区には石仏や道祖神が多くありますが、特に道祖神は、竹の柱に杉の葉葺きの屋根で風雨から守られています。江戸時代から伝わる小正月の道祖神祭りの時期に毎年作り替えるそうです。

天気に恵まれた中、春の花を楽しみ、里山の風情と地域の伝統を感じることができました。

丹沢の山々

四十八瀬川の土手を歩く

馬場坂で春の草花を観察

ジロボウエンゴサク、カテンソウ

上公民館先の尾根道を歩く

景色を見ながら昼食

シュンラン

ノジスミレ

葉タバコの乾燥小屋

道祖神


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて | 神奈川の身近な自然を訪ねて~春の草花を求めて四十八瀬川の里山を歩く~ はコメントを受け付けていません。

神奈川の身近な自然を訪ねて~白秋童謡の散歩道と辻村植物公園の梅を楽しむ~


開催日:2月22日(水)晴れ時々曇り、2月25日(土)晴れ
場 所:小田原市
参加者:2回合計 97名、JFIKスタッフ:17 名

北原白秋の約1,200偏の童謡作品のうち、約半数は小田原に住んでいた8年間に創作されました。白秋童謡の散歩道では参加者の皆さんと一緒に「ペチカ」を合唱しました。途中、相模湾、曽我丘陵、丹沢山系そして箱根連山の絶景に感嘆の声が聞こえました。

辻村農園・辻村山林代表から小田原藩時代からの歴史、農園や山林事業、そして現在のメガソーラー発電事業等々に関するとても興味深いお話しを聞くことが出来ました。

約600本の満開の梅の香りを楽しみながら、樹齢300年の杉の巨木、手ぼりの用水トンネルや上水之尾用水溜池で江戸時代へタイムスリップして、最後に自然湧水をたっぷりと味わうことも出来ました。

300年杉、時代を感じ、大きかったな!

山主は、山林内で何かをする時は
この山の神に必ずお祈りします

小田原城の一部で、掘と土塁で囲まれた城郭です

 

小田原藩の藩費により上水之尾水溜池は、
上水之尾地区の水田を開くために作られました

辻村農園・山林代表の辻村百樹氏による小田原藩時代からの歴史、農園や山林事業等の興味深いお話しを聞きました

満開の梅の香りを楽しみながらの花見です


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて | 神奈川の身近な自然を訪ねて~白秋童謡の散歩道と辻村植物公園の梅を楽しむ~ はコメントを受け付けていません。

神奈川の身近な自然を訪ねて~吾妻山の菜の花と蘇峰堂の梅園を訪ねて~


開催日:1月25日(水)および1月28日(土)
参加者:両日合わせて106名、JFIKスタッフ13名

両日とも、素晴らしい天候の中での観察会となりました。

二宮駅〜蘇峰堂〜知足寺〜吾妻山〜吾妻神社〜等覚院〜二宮駅を巡りました。

徳富蘇峰由来の蘇峰堂では「かながわの花の名所 100 選」にもなっている梅園でスイセンとウメの春の香りに包まれながら、臥竜梅、萼緑梅、疎痩横斜の趣をもつ樹齢300年の古木などを堪能しました。

その後、曽我兄弟の姉、花月尼を開基とする知足寺へ向かい、曽我兄弟、花月尼などの墓石を訪れました。

吾妻山山頂からの眺めは「関東の富士見 100 景」の一つだけあって言うことなし。6 万株の満開の菜の花と、丹沢山塊、箱根の山々、その間に聳える雪を戴いた富士山、伊豆の山々、大島、三浦半島へと続く景色はみなさんに満足いただけたようです。

昼食後、弟橘媛のいわれのある吾妻神社を訪れ、最後に等覚院で樹齢400年といわれるフジの古木を鑑賞して二宮駅に戻りました。

蘇峰堂の梅園でウメの花を愛でる

知足寺の曽我兄弟の墓を訪ねる

吾妻山山頂に到着、広がる景色に感激

山頂から富士山と菜の花の絶景

吾妻神社ではカワヅザクラの出迎えがありました

境内にスダジイの大木が逞しく聳えています

同じく境内でヒマラヤスギの種子で観察しました

等覚院の300年フジの藤棚

二宮駅のガラスのうさぎ像で本日のコースは終了


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて | 神奈川の身近な自然を訪ねて~吾妻山の菜の花と蘇峰堂の梅園を訪ねて~ はコメントを受け付けていません。

神奈川の身近な自然を訪ねて~初冬の相模原の自然を訪ねて~


開催日:12月17日(土)晴れ、および21日(水)晴れ
参加者:両日あわせて一般73名、JFIK会員18名

12/17(土)、12/21(水)、ともに天候に恵まれた中での気持ちの良い観察会となりました。小田急線相模大野駅に集合し、バスにて総合体育館前で下車、12/17、12/21ともに4班で相模原麻溝公園よりスタートしました。

相模原麻溝公園グリーンタワー展望台で360°の眺望を楽しんだ後、シジュウカラ、メジロ、エナガなど、里の鳥の棲家となっている「相模原こもれびの道」を散策し、「神奈川の探鳥地50選」に指定されている「相模原沈澱池」に向かいました。沈澱池では、コガモ、マガモ、カンムリカイツブリ、カワウ、ヨシガモ、アオサギなど多くの野鳥に出会うことが出来ました。

その後、「相模原公園せせらぎの園」で、せせらぎを眺めながらの昼食。ここでも、ダイサギ、カワセミなどを観察することが出来ました。

昼食後は、福田家長屋門、天応院経由で道保川、姥川、鳩川の川沿いを散策し、相模川へと向かいました。ここでは、ハクセキレイ、セグロセキレイ、キセキレイなどの野鳥が出迎えてくれました。

最後は相模川の壮大な景観を堪能し、余韻に浸りながらJR相模線下溝駅へと向かいました。
天候にも恵まれ、水に親しみながら、多くの野鳥に出会えたことで、気持ちの良い一日を過ごすことが出来たのではないでしょうか。

早速野鳥を発見

せせらぎの園で昼食

天応院のエドヒガン

道保川沿いを進む


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて | 神奈川の身近な自然を訪ねて~初冬の相模原の自然を訪ねて~ はコメントを受け付けていません。