神奈川の身近な自然を訪ねて~高尾山のブナの新緑と春の花を楽しむ~


日 時:4月15日(土)10:00~14:30晴のち一時雨、4月19日(水)10:00~14:30晴
場 所:八王子市
参加者:一般81名(15日35名、19日46名) JFIKスタッフ9名

年間260万人が訪れるという人気の高尾山で新緑と春の草花を楽しみました。

日本一急勾配のケーブルカーを利用し、メインの1号路を通り山頂まで歩きました。途中ではブナ、イヌブナ、イロハモミジ等の新緑を楽しみ、シュンラン、ヤマルリソウやエイザンスミレ、ナガバノスミレサイシン他多くのスミレ類も迎えてくれました。「殺生禁断の地」として守られたスギやモミの巨木も見事で、皆様に高尾山の歴史を感じていただけたようです。ヤマザクラ、ミツバツツジも満開でした。

15日はあいにく春霞に隠れていましたが、19日は山頂では富士山が雄姿を見せてくれました。帰路は4号路を下りヒナスミレ他多くの草花や「美人ブナ」やハリギリの巨木等を観察しました。15日は人の多さと一時の雨に見舞われましたが、両日とも春を堪能した一日でした。

日本一の急勾配を登るケーブルカーに乗って出発

推定樹齢450年、幹回り6mの「蛸杉」
天狗衆の道路工事の際一晩のうちに根をくるくる曲げたと言われる

ヤマルリソウ
花の中心に穴があり、中に雄しべと雌しべが隠れるようについている

ナガバノスミレサイシン
高尾山を代表するスミレの一つ。名の通り葉が長く、距が短いのが特徴

神変堂
修験者の役小角にちなむ。なぜか額の文字は故佐藤栄作元総理大臣の揮毫

ケヤキの古木に造られたムササビの巣穴

薬王院本堂のカラス天狗
神仏混交の地、高尾山の本堂にはしめ縄が下がり、建物も神社風につくられている

599mの山頂から富士山を望む
高尾山の「浅間神社」にお参りすると、富士山登拝と同じご利益があると言われている

伐採された中心が腐食したモミの巨木
立ち木の隙間を狙い見事に倒された

吊り橋を渡る 少しアドベンチャー気分


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて | 神奈川の身近な自然を訪ねて~高尾山のブナの新緑と春の花を楽しむ~ はコメントを受け付けていません。

四季の森公園 自然を訪ねて~樹に咲く花~


日 時:4月16日 13:00~15:00 天候:晴れ
参加者:一般:21名(内 子ども2名)、スタッフ12名、公園:2名

サクラの花吹雪の中、気持ちの良い状況で観察会を実施しました。
華やかな樹の花や地味な樹の花をメインに、沢山の草花を眺めながら進行しました。

2時間の観察を楽しく過ごしていただけたと思います。

折しも、まさに山笑うという感じでした

ナノハナが咲く中、下見をしました

クマガイソウも咲き出しました

ウワミズザクラも花の穂を伸ばしていました

観察会の開始です。3班に分かれて出発しました

カツラの地味な花の説明から始まりました

2班は左回りで進みました

もう1班は右回りです

お子さんも一生懸命観察していました

中間地点で3班が交差しました

シナサワグルミの花と複葉を確認しました

キブシの木には、アオダイショウがじっと休んでいました

ミツバツツジの色合いが鮮やかでした


カテゴリー: 四季の森公園 | 四季の森公園 自然を訪ねて~樹に咲く花~ はコメントを受け付けていません。

神奈川の身近な自然を訪ねて~春の草花を求めて四十八瀬川の里山を歩く~


日 時:3月22日(水)10:00〜15:00 晴れ、3月25日(土)10:00〜15:00 晴れ
場 所:秦野市
参加者:一般90名(3月22日 51名、3月25日 39名)、スタッフ15名

渋沢駅から、四十八瀬川に向かい住宅街を歩いて行くと正面に真っ白な富士が、その先右手に丹沢の山々が目に入ってきます。ここ秦野盆地は、秦野断層と渋沢断層の活動により形成された盆地で、水無川、金目川などの扇状地からなり、とくに四十八瀬川の辺りや上地区には里山風景が残っています。のどかな四十八瀬川の土手道を春の気配を感じながら歩き、上地区に向かう馬場坂(ばんばざか)を上がっていきます。この地区の山の中腹の平地で、農家の馬の草競馬が行われていたことから馬場坂となったそうです。坂の途中には、ジロボウエンゴサク、カテンソウ、オドリコソウ、ヤマネコノメソウなど、春の花が咲き始めています。

上公民館からは、里山の風情が色濃く残る八沢地区を歩き、シュンランやヤマルリソウ、オキナグサなどにも出逢いました。歩いて行くと、煙突がある土壁づくりの古い建物をいくつか見かけました。秦野盆地は、江戸時代から葉タバコの生産が盛んで全国三大銘葉の一つであったものの徐々に衰退し、今では生産されていませんが、葉タバコの乾燥小屋だけが残っています。

また、上地区には石仏や道祖神が多くありますが、特に道祖神は、竹の柱に杉の葉葺きの屋根で風雨から守られています。江戸時代から伝わる小正月の道祖神祭りの時期に毎年作り替えるそうです。

天気に恵まれた中、春の花を楽しみ、里山の風情と地域の伝統を感じることができました。

丹沢の山々

四十八瀬川の土手を歩く

馬場坂で春の草花を観察

ジロボウエンゴサク、カテンソウ

上公民館先の尾根道を歩く

景色を見ながら昼食

シュンラン

ノジスミレ

葉タバコの乾燥小屋

道祖神


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて | 神奈川の身近な自然を訪ねて~春の草花を求めて四十八瀬川の里山を歩く~ はコメントを受け付けていません。

神奈川の身近な自然を訪ねて~白秋童謡の散歩道と辻村植物公園の梅を楽しむ~


開催日:2月22日(水)晴れ時々曇り、2月25日(土)晴れ
場 所:小田原市
参加者:2回合計 97名、JFIKスタッフ:17 名

北原白秋の約1,200偏の童謡作品のうち、約半数は小田原に住んでいた8年間に創作されました。白秋童謡の散歩道では参加者の皆さんと一緒に「ペチカ」を合唱しました。途中、相模湾、曽我丘陵、丹沢山系そして箱根連山の絶景に感嘆の声が聞こえました。

辻村農園・辻村山林代表から小田原藩時代からの歴史、農園や山林事業、そして現在のメガソーラー発電事業等々に関するとても興味深いお話しを聞くことが出来ました。

約600本の満開の梅の香りを楽しみながら、樹齢300年の杉の巨木、手ぼりの用水トンネルや上水之尾用水溜池で江戸時代へタイムスリップして、最後に自然湧水をたっぷりと味わうことも出来ました。

300年杉、時代を感じ、大きかったな!

山主は、山林内で何かをする時は
この山の神に必ずお祈りします

小田原城の一部で、掘と土塁で囲まれた城郭です

 

小田原藩の藩費により上水之尾水溜池は、
上水之尾地区の水田を開くために作られました

辻村農園・山林代表の辻村百樹氏による小田原藩時代からの歴史、農園や山林事業等の興味深いお話しを聞きました

満開の梅の香りを楽しみながらの花見です


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて | 神奈川の身近な自然を訪ねて~白秋童謡の散歩道と辻村植物公園の梅を楽しむ~ はコメントを受け付けていません。

神奈川の身近な自然を訪ねて~吾妻山の菜の花と蘇峰堂の梅園を訪ねて~


開催日:1月25日(水)および1月28日(土)
参加者:両日合わせて106名、JFIKスタッフ13名

両日とも、素晴らしい天候の中での観察会となりました。

二宮駅〜蘇峰堂〜知足寺〜吾妻山〜吾妻神社〜等覚院〜二宮駅を巡りました。

徳富蘇峰由来の蘇峰堂では「かながわの花の名所 100 選」にもなっている梅園でスイセンとウメの春の香りに包まれながら、臥竜梅、萼緑梅、疎痩横斜の趣をもつ樹齢300年の古木などを堪能しました。

その後、曽我兄弟の姉、花月尼を開基とする知足寺へ向かい、曽我兄弟、花月尼などの墓石を訪れました。

吾妻山山頂からの眺めは「関東の富士見 100 景」の一つだけあって言うことなし。6 万株の満開の菜の花と、丹沢山塊、箱根の山々、その間に聳える雪を戴いた富士山、伊豆の山々、大島、三浦半島へと続く景色はみなさんに満足いただけたようです。

昼食後、弟橘媛のいわれのある吾妻神社を訪れ、最後に等覚院で樹齢400年といわれるフジの古木を鑑賞して二宮駅に戻りました。

蘇峰堂の梅園でウメの花を愛でる

知足寺の曽我兄弟の墓を訪ねる

吾妻山山頂に到着、広がる景色に感激

山頂から富士山と菜の花の絶景

吾妻神社ではカワヅザクラの出迎えがありました

境内にスダジイの大木が逞しく聳えています

同じく境内でヒマラヤスギの種子で観察しました

等覚院の300年フジの藤棚

二宮駅のガラスのうさぎ像で本日のコースは終了


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて | 神奈川の身近な自然を訪ねて~吾妻山の菜の花と蘇峰堂の梅園を訪ねて~ はコメントを受け付けていません。

神奈川の身近な自然を訪ねて~初冬の相模原の自然を訪ねて~


開催日:12月17日(土)晴れ、および21日(水)晴れ
参加者:両日あわせて一般73名、JFIK会員18名

12/17(土)、12/21(水)、ともに天候に恵まれた中での気持ちの良い観察会となりました。小田急線相模大野駅に集合し、バスにて総合体育館前で下車、12/17、12/21ともに4班で相模原麻溝公園よりスタートしました。

相模原麻溝公園グリーンタワー展望台で360°の眺望を楽しんだ後、シジュウカラ、メジロ、エナガなど、里の鳥の棲家となっている「相模原こもれびの道」を散策し、「神奈川の探鳥地50選」に指定されている「相模原沈澱池」に向かいました。沈澱池では、コガモ、マガモ、カンムリカイツブリ、カワウ、ヨシガモ、アオサギなど多くの野鳥に出会うことが出来ました。

その後、「相模原公園せせらぎの園」で、せせらぎを眺めながらの昼食。ここでも、ダイサギ、カワセミなどを観察することが出来ました。

昼食後は、福田家長屋門、天応院経由で道保川、姥川、鳩川の川沿いを散策し、相模川へと向かいました。ここでは、ハクセキレイ、セグロセキレイ、キセキレイなどの野鳥が出迎えてくれました。

最後は相模川の壮大な景観を堪能し、余韻に浸りながらJR相模線下溝駅へと向かいました。
天候にも恵まれ、水に親しみながら、多くの野鳥に出会えたことで、気持ちの良い一日を過ごすことが出来たのではないでしょうか。

早速野鳥を発見

せせらぎの園で昼食

天応院のエドヒガン

道保川沿いを進む


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて | 神奈川の身近な自然を訪ねて~初冬の相模原の自然を訪ねて~ はコメントを受け付けていません。

四季の森公園 自然を訪ねて~冬の野鳥~


日 時:2月19日(日) 10:00~12:00 晴れ
参加者:一般37名 公園2名 JFIKスタッフ15名

いつもは13時に観察会を開始するのですが、この日は野鳥をより楽しんでいただける可能性が高いということから10時開始としました。いつものように北口広場に集合していただき、リーダーによる説明は暖かい池の前の広場に移動して開始しました。早い時間でしたが、たくさんの方に集まっていただき、ありがとうございました。

集合前に歩くと、サンシュユなどが迎えてくれました

10時に北口に集合です

池の前の広場に移動して開始しました

3班に分かれて観察会がスタートです

池の近くの林にはたくさんの野鳥が飛び交っていました

林床ではシロハラが餌を漁っている様子などを見ることができました

その近くの池ではカエルの卵を観察、キセキレイもいました

ナノハナ畑の柵にジョウビタキがじっとしていてくれました

出発点に戻り本日を振り返り、いろいろ質問もあり「スズメは居ないね」など話題になりました

最後にスタッが集まりこの日の確認と今後について話し合いました


カテゴリー: 四季の森公園 | 四季の森公園 自然を訪ねて~冬の野鳥~ はコメントを受け付けていません。

四季の森公園 自然を訪ねて~春を待つ生き物たち~


日  時:1月15日(日) 下見10:00~12:00、本番13:00~15:00
天  気:晴れ
参加者:観察会 一般21名、公園1名、JFIKスタッフ19名
   お粥は76人分を提供

天気は晴れていましたが、寒波が来ている時で寒さが身に染みる日でした。
それでも、参加いただいた皆様には冬の観察と七草粥を楽しんでいただきました。

午前中に下見を行い本番にそなえました

北口に集合し、リーダーの挨拶で本番スタート

日当たりの良い池の前に移動して、観察会の概要など説明

7班に分かれて出発

ミツマタの蕾が膨らんでいました

各班、葦原の周りを進みました

各班は少人数編成でしたので、じっくりと観察をすることができました

14時半頃に会議室に戻り、お粥を召し上がっていただきました

七草の実物も見ていただき、関連の解説も聞いていただきました

寒い日で、池が一日中凍ったままでした


カテゴリー: 四季の森公園 | 四季の森公園 自然を訪ねて~春を待つ生き物たち~ はコメントを受け付けていません。

神奈川の身近な自然を訪ねて~横浜の秘境及び近代水道発祥の地を訪ねて~


開催日:11月16日(水)晴れ および 19日(土)雨のち曇り
参加者数:両日合わせ一般53名、JFIK会員18名

11/19(土)は雨模様の中をスタートとなりましたが、11/16(水)は天候に恵まれた中での観察会になり、相鉄線鶴ヶ峰駅に集合し、11/16は4班、11/19は5班に分かれ陣ケ下渓谷に向ってスタートしました。

しばらく歩くと、帷子川親水緑道となります。この緑道は、旧帷子川河川沿いに作られた道で、ザクロ、コブシ、アカシデ、エノキ、シラカシ等の樹木も多く、豊かな自然に恵まれています。駅からほど近い場所に、このような自然に恵まれたところがあることに、参加者の方は驚いていました。

その後は市街地を歩き、樹齢350年で「かながわの名木100選」の嶋崎金子稲荷のタブノキや井上伝小路屋敷跡等を見て進みます。

お昼の時間に陣ヶ下渓谷公園に到着し、昼食休憩とします。

昼食後は、いよいよ渓谷に向って歩きます。階段が七段、五段、三段でできている「みずのさかみち」を下ります。右手前方には、水道道沿いに埋設されている、直径が2mもありそうな水道管を見ることもできます。その後公園内に入り、コナラ、クヌギ、ムクノキ、ミズキ、サワラなどの高木が生い茂っている道を歩き、下って行くと、渓谷となり、この川を徒渉します。

横浜で唯一の渓谷であり、参加者の方からは「横浜にまだこのような渓谷が残っているんだ!」との歓声が飛び交います。

その後、陣ケ下渓谷を見下ろせる水道道向台公園を歩き、横浜FCの練習場もある西谷浄水場をとおり、横浜水道記念館に向います。

記念館では、展望台からの眺めを楽しむとともに、近代水道の歴史を学びました。
秋の一日、横浜の秘境と近代水道の歴史を楽しんだ日となりました。

帷子川親水緑道

帷子川親水緑道

嶋崎金子稲荷タブノキ

嶋崎金子稲荷のタブノキ

陣ケ下渓谷公園で昼食

陣ヶ下渓谷公園で昼食

陣ケ下渓谷公園へ

陣ヶ下渓谷公園へ

陣ケ下渓谷を徒渉

陣ヶ下渓谷を徒渉

横浜水道記念館

横浜水道記念館

横浜水道記念館展望台

横浜水道記念館展望台


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて | 神奈川の身近な自然を訪ねて~横浜の秘境及び近代水道発祥の地を訪ねて~ はコメントを受け付けていません。

四季の森公園 自然を訪ねて~秋の森-草木の実・木々の葉~


日時:10月23日(日) 下見10:00~12:00 本番13:00~15:00 晴れ
参加者:一般19名、公園事務所1人、JFIKリーダー・サブリーダー3人、サポートスタッフ11名

秋のおだやかな晴天に恵まれて気持ちの良い日でした。
紅葉にはまだ早いですが、少しずつ秋が進んでいくのを感じることができました。
花に実がつき、ドングリが沢山落ちて、色付き始めた木の葉もあり、季節の移ろいを
感じつつ楽しく歩きました。

午前中に下見を行い本番に備えました。

カツラの葉の匂いとカエデを確認しました

カツラの葉の匂いとカエデを確認しました

13時に本番スタート、北口に集合しました。リーダーの挨拶の後、3班に分かれて観
察会を開始しました。

紅葉のしくみの説明などから始まりました

紅葉のしくみの説明などから始まりました

動き出してまずは、アキニレの説明です

動き出してまずは、アキニレの説明です

別の班もアキニレを観察しています

別の班もアキニレを観察しています

アシ原の周りを進みます

アシ原の周りを進みます

カツラの甘い匂いのしくみも説明します

カツラの甘い匂いのしくみも説明します

池の木道を戻ってきました

池の木道を戻ってきました

こちらは逆コースで戻ってきました

こちらは逆コースで戻ってきました

ノササゲの実が色付いていました

ノササゲの実が色付いていました


カテゴリー: 四季の森公園 | 四季の森公園 自然を訪ねて~秋の森-草木の実・木々の葉~ はコメントを受け付けていません。