続・巨樹がくれた夢(その2)伊豆の桜


伊豆の日暮らし(続・巨樹がくれた夢)

(その2)伊豆の桜

伊東小室桜

伊豆には桜のシーズンが二度ある。最初のそれは2月半ばからのほぼ一箇月で河津桜や伊東小室桜という早咲きのピンク色の濃い桜で特に河津桜は全国に広まり、早い春を象徴する桜として有名である。この桜の良い点はひと月くらいの長い間、散らずに長持ちすることである。この桜は寒緋桜と大島桜との混血種として、河津町の川の畔で発見されたもので、それが人の手によって増やされ、全国に広まったようである。ピンク色の源は沖縄等を原産とする寒緋桜の緋色を引き継いだものであろう。早く咲く習性も寒緋桜から引き継いだと考えられるが、何故か伊豆に咲く寒緋桜は、河津桜よりも10日ほど開花が遅いのである。

伊東小室桜は、伊東市のご当地桜のようであるが、知名度は低い。多分、花期や花からみても河津桜の流れを汲むものと思われるが、花が小さく、葉も多めで、河津桜にあきらかに見劣りすることから有名にならず、伊東市内のみに知られるのであろう。私は伊東市にお世話になっている関係から、この地味な桜を毎年愛でることにしている。

伊豆の次の桜のシーズンは、ソメイヨシノが満開となる3月下旬からの2週間ほどである。大体東京の桜の満開と同じころにあたる。もちろん伊豆にも沢山のソメイヨシノが見られるが、私が強調したいのは、里山を飾る桜の数々で、これについては次章の「山笑う」で述べたいと思う。

(2021年7月7日、佐藤憲隆)

(つづく)

続・巨樹がくれた夢(その1)伊豆の日暮らし」へ


カテゴリー: 森のエッセイ | コメントをどうぞ

続・巨樹がくれた夢(その1)伊豆の日暮らし


伊豆の日暮らし(続・巨樹がくれた夢)

(その1)伊豆の日暮らし

椿:伊豆日暮

椿:伊豆日暮

小室公園の椿園を歩いていた時、ピンクの絞りの花を見て、これは素晴らしいと閃くものがあった。ところが名札が無い。折角気に入ったのに名前がわからないもどかしさを感じながら歩いていたら看板が見つかった。そこには「伊豆日暮」とあり、わざわざ「いずのひぐらし」とフリガナがあった。これが私の目を引いた椿の名前だと判明したのだが、「伊豆の日暮らし」という読み方にも、私はすっかり惹かれてしまった。まさにもう15年も伊豆に暮らしている、自分のことでもあるという意味でも共感を覚えたのである。

先に述べたように、この椿園には1000種4000本の椿が各地から集められており、その中でこの椿は数少ない地元産の種に違いなく、園内のあちこちに名札も無く多数植えられているのをその後確認したのである。

私は、この小さな発見にあやかって、本編で言い尽くせなかったことの数々を追加すべきとの思いで、改めて「伊豆の日暮らし(続・巨樹がくれた夢)」として、更にブログを続行しようと決めたのである。

(2021年7月7日、佐藤憲隆)

続・巨樹がくれた夢(その2)伊豆の桜」へつづく

「巨樹がくれた夢(その1)夢」へ


カテゴリー: 森のエッセイ | コメントをどうぞ

会報 森人だより 第160号(2021年7月号)


JFIK会報第160号(7月号)をお届けします。下記よりダウンロードしてご覧ください。
no160-2021-07


カテゴリー: 会報 | コメントをどうぞ

会報 森人だより 第159号(2021年6月号)


JFIK会報第159号(6月号)をお届けします。下記よりダウンロードしてご覧ください。
no159-2021-06


カテゴリー: 会報 | 会報 森人だより 第159号(2021年6月号) はコメントを受け付けていません

巨樹がくれた夢(その10)森を歩くことは思い、考えること


「巨樹がくれた夢(その9)ガイアシンフォニー(地球交響曲)、そしてプレート」へ戻る

長々と自分の思いを披露してきたが、その殆どが歩いている間の自問自答から発したものである。

80歳で初めて本格的な病を得た私は、寝たきりになってしまう恐怖に襲われ、出来るだけ毎日歩くことにしている。自然の豊かな伊豆半島では、どこを歩いても森であり、火山であり、海がある。次の3コースを順番に訪れている。

宇佐美漁港よりの大室山

漁港コースは宇佐美漁港を往復する海岸コース、南には海越しに大室山がよく見える。この火山は4千年前に一度だけ噴火し、直径1キロほどの火口を有している。なぜか火口を有する山を見ると癒されることに最近気付いた。火山を見ながら足元の波音や潮の香りを楽しみ、夕日が山の向こうに沈みゆくのを眺める、至福の時である。

小室山公園コースは、椿1000種4000本、つつじ40種10万本を主体とし、テニスコート18面、グラウンド、大駐車場を備えた本格的な自然公園、早春に咲く伊東小室桜の標識地でもある。ここからは意外に近くに富士山の眺望が楽しめ、出来るだけ見える日を予想して訪れることにしている。

奥野ダムの梅林

奥野ダムコースは伊東市の後背地の水源である伊東大川に建造された治水ダムで一周4.8キロ、かつての伊東市の大洪水を契機に作られたものである。本格的な森林コースで、森の香りが強く感じられる。ここではボランティアにより、樹木の名前が数多く表示されており、私も森林インストラクターになりたての頃、頻繁に訪れて一人学びに励んだものである。

結語
誰に頼まれた訳でもなく、こんな文章を書き続けてきたのは何故か?自分が森との関係を持った、この15年間の気づきを、遺言として仲間たちに伝えたかったのかもしれない。

自分の病気とコロナもそれを後押ししてくれたのかもしれない。

ともかくきっかけは夢、今でもキラキラと私の頭の中で輝いているし、幸福感に包まれている。この夢はもしかすると森林生態系を含む偉大な自然の仕組みを象徴しているのかもしれない。

敢えて夢の理由を詮索するのは、野暮の骨頂かもしれない。

森と関わり、自然を強く意識して生きることが、今の私たちに必要なことなのかもしれない。

「ワッハッハー木枯らしに乗りおさらばじゃ」
数年前に出来た辞世の句、これは森林生態系を念頭に、風葬にあこがれる自分の気持ちを詠んだものである。

巨樹がくれた夢
2021年2月12日
佐藤 憲隆


カテゴリー: 森のエッセイ | 巨樹がくれた夢(その10)森を歩くことは思い、考えること はコメントを受け付けていません

巨樹がくれた夢(その9)ガイアシンフォニー(地球交響曲)、そしてプレート


「巨樹がくれた夢(その8)ガイアというコンセプト」へ戻る

地球交響曲、これはガイアというコンセプトに深く共鳴した、龍村仁監督によって製作されている、シリーズ構成のドキュメンタリー映画で、既に第八番まで完成し、現在は第九番が製作中である。

この映画で共通して語られるコンセプトは、「全ての存在は繋がっている」および「地球の声が聞こえますか?」の二つであり、私も共鳴しているのであるが、特に前者のコンセプトについて、私が感じる事象を述べてみたい。

地質学を専攻した私は、森の世界に入る前はもっぱら地質と趣味の山登りに時間を割いていた。森の世界に関わっているうちに、それらとの距離が大きく狭まっていった。
プレートが地質構造を作り、地質構造が地形や気候を作り、地形や気候が森を作り上げたという連環の存在を学び、体感した。

典型的な例がヒマラヤ山脈、4000万年前からインド亜大陸を乗せたプレートが北側のユーラシア大陸にぶつかって潜りこみ、ユーラシア大陸を押し上げ続けることにより、巨大なヒマラヤ山脈を作った。そして、インド洋の厚く湿った空気はこのヒマラヤ山脈に遮られ、偏西風に乗って東に流れを変え、東南アジア一帯のモンスーン気候をもたらしたというものである。モンスーンの末端付近の日本では気候はマイルドとなり、四季・二十四候・七十二節季とも形容される、繊細で豊かな気候と森が形成されたという実に壮大なストーリーなのだ。

この話のミニチュア版が丹沢山地で、(私の居住する)伊豆半島を乗せたフィリピン海プレートが日本列島にぶつかることによって出来たもので、それは200万年前から現在まで続いている。

さらに話を続けると、災害の元凶として認識されている火山、地球表面の三分の二を占める海洋の水の殆どは過去の大規模な火山の爆発によって地球内部から供給されたことが分かっており、また、生命の起源も海中の火山活動に求めることが出来、火山のもたらす様々な元素が生物の生育に必須であることも明らかとなっている。
まさに、火山でさえも、「全ての存在は繋がっている」ということになるのである。

プレートの動きは年間数センチ、人の爪が伸びる程度の速度と言われている。この運動、プレート・テクトニクスがすべての事象と繋がっているのである。人類はプレートという手のひらで蠢いている存在にすぎないのではないだろうか!!

「巨樹がくれた夢(その10)森を歩くことは思い、考えること」へつづく

巨樹がくれた夢
2021年2月12日 佐藤 憲隆


カテゴリー: 森のエッセイ | 巨樹がくれた夢(その9)ガイアシンフォニー(地球交響曲)、そしてプレート はコメントを受け付けていません

会報 森人だより 第158号(2021年5月号)


JFIK会報第158号(5月号)をお届けします。下記よりダウンロードしてご覧ください。

no158-2021-05


カテゴリー: 会報 | 会報 森人だより 第158号(2021年5月号) はコメントを受け付けていません

巨樹がくれた夢(その8)ガイアというコンセプト


「巨樹がくれた夢(その7)森林生態系」へ戻る

地球ラブロック博士によって提唱されたこの説は、地球そのものが生命体であり、自己調節作用を有しているというものである。森林生態系、海洋圏や大気圏も含むシステムが生命体のように活動しているという、このガイア仮説は、どちらかというと科学的には否定されているようであるが、非常に魅力的な概念として信奉者は多い。まさに自然の摂理そのものとして、私に響いてくる。

例えば大気中の酸素濃度が常に21%に保たれているのは何故か?
もし酸素が増えすぎたら、陸上には山火事が頻発して酸素を消費するし、逆の場合には森林が増加して酸素を増加させるに違いない。
(海に関しての言及は省略する)

「巨樹がくれた夢(その9)ガイアシンフォニー(地球交響曲)、そしてプレート」へ

巨樹がくれた夢
2021年2月12日 佐藤 憲隆


カテゴリー: 森のエッセイ | 巨樹がくれた夢(その8)ガイアというコンセプト はコメントを受け付けていません

巨樹がくれた夢(その7)森林生態系


「巨樹がくれた夢(その6)心の依り代としての自然」へ戻る

陸上生物が生存出来る仕組みを森林生態系と呼ぶ。森を学ぶにあたって必ず引用される重要テーマのひとつである。

主役は森(植物)であり、故に「森は陸上生物のゆりかご」と言われるゆえんである。

森(植物)は光合成という重要な反応をつかさどり、太陽光と炭酸ガスとを吸収・反応することによって酸素を放出し、同時に炭水化物を生成・貯蔵する。陸上生物は酸素を呼吸し、炭水化物を食べて生命を保つ。もうひとつの重要なメンバーが存在する。それは菌類と総称されるキノコ等の存在、土壌中に生育し、落葉や動物の死骸を有機物に分解、自分の餌とするとともに、それを肥料・養分として植物に提供するという循環の仕組みである。それぞれの役割分担によって、森を生産者、動物を消費者、菌類を分解者と呼んでいる。三者が持ちつ持たれつの関係で、豊かな生命圏を維持しているのである。そこには自然の摂理によってもたらされた、平等な関係性・依存性のみが存在しており、上下関係や優劣は存在しない。もし優劣が語られるとしたら、それは人類の傲慢なエゴであり、人類滅亡への入口となるであろう。

「巨樹がくれた夢(その8)ガイアというコンセプト」へ

巨樹がくれた夢
2021年2月12日 佐藤 憲隆


カテゴリー: 森のエッセイ | 巨樹がくれた夢(その7)森林生態系 はコメントを受け付けていません

会報 森人だより 第157号(2021年4月号)


JFIK会報第157号(4月号)をお届けします。下記よりダウンロードしてご覧ください。

no157-2021-04


カテゴリー: 会報 | 会報 森人だより 第157号(2021年4月号) はコメントを受け付けていません