鳥人第25羽 ~ハヤブサ


小学生の頃に持っていたクイズ集にあった「一番速く飛ぶ鳥は?」
確か答えはアマツバメの仲間でした。
でも選択肢にハヤブサもあり・・・と、ここまで書いてササっと調べると、
水平飛行ではハリオアマツバメの時速170km、
急降下ではハヤブサの時速300km・・って、
一体どんな墜ち方なんですか!?
ハヤブサは、日本では留鳥とされているものの、冬鳥のイメージが強く
ツグミが姿を見せるようになる頃、いそいそとポイントに通います。
そこは相模川左岸の絶壁・・・の近くの鉄塔。
都市部では、人工物は狙い目です。
上からひらひらと白いものが舞い落ちてきてたらビンゴ!
間違いない!!食事中です。hayabusa
農作業をするその辺の人達にも、スコープをのぞかせてあげたくなりますが
小学生行方不明事件もあった地域なので、オカシな言動は控え、
次に鉄塔の下へいそいそ・・
獲物が何なのか、羽根を拾って同定。
まぁ、たいがいハト類なんですけどね。
その理由は、次回の鳥人へ続く・・・・・かもしれない。

(書き下ろし)


カテゴリー: 鳥人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。