アマナ・キクザキイチゲ


アマナ(ユリ科)>

チューリップによく似ており、かつてはTulipa edulisとしてチューリップ属に入れられていました。名前は球根が甘く食用できるところから。

キクザキイチゲ(キンポウゲ科)>

スプリング・エフェメラル(春植物)の一つです。名は花がキクに似ることに由来するそうです。

(3月10日 戸塚区舞岡公園にてK.S.さん撮影)


カテゴリー: 草本 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です