サワフタギ・ハクウンボク・ヒメコウゾ


サワフタギ(ハイノキ科)>

ハイノキ科の特徴で雄しべがとても多く、繊細な感じを受けます。秋に出来る藍色の実も素敵です。

ハクウンボク(エゴノキ科)>

白い花が連なり雲の様です。丸い大きな葉も特徴的です。

ヒメコウゾ(クワ科)>

ポンポンのような赤紫の雌花と黄色い葯が目立つ丸い雄花を付けます。和紙の原料として使われます。

(4月21日 都筑区鴨池公園にてA.S.さん撮影)

 

 


カテゴリー: 木本 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です