ウスバシロチョウ・ヒンズイ


ウスバシロチョウ(アゲハチョウ科)>

シロチョウという名が付いていますがアゲハチョウの仲間です。ギフチョウと同じく交尾終わると、オスは受胎嚢を作ってメスが新たに交尾ができ無いようにします。

ヒンズイ(セキレイ科)>

夏には山林などので見られ、冬には平地に降りてくる標鳥として各地で観察されます。

(5月3日 津久井湖城山公園にてK.S.さん撮影)

 


カテゴリー: 昆虫, 野鳥 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です