神奈川の身近な自然を訪ねて~山手の丘の自然と横浜ことはじめを訪ねる~


日 時:2020年11月18日(水)、21日(土)10:00~14:30
場 所:横浜市
参加者:一般56名(18日 26名、21日 30名)、スタッフ9名

10月と同様に、密状態を避けるために募集定員を50人から30人に減らし、また、マスク着用、受付時の健康チェックなど、様々な感染防止対策をとりながらの実施となりました。

今回は、横浜市中区の山手地域を、植物観察や史跡を訪ねながら散策しました。
午前は、山手イタリア山庭園、山手公園、横浜山手テニス発祥記念館、妙香寺、べーリック・ホールなどを見学しながら港の見える丘公園まで散策しました。

港の見える丘公園で昼食の後、横浜地方気象台のソメイヨシノ標本木、アメリカ山公園、外国人墓地、ジェラール水屋敷等を経て、元町厳島神社で解散しました。

ブラシノキ、フェイジョア、ゴモジュ、スダジイ、イトスギ、ベニバナトチノキ、メタセコイア、タブノキ、エノキ、クスノキ、マテバシイ、ヒマラヤスギ等の植物を観察しました。

タブノキ(樹齢400年ほど)の観察

山手公園(横浜山手テニス発祥記念館)

山手公園(ヒマラヤスギの観察)

妙香寺

横浜地方気象台(ソメイヨシノ標本木の観察)


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて | コメントする

四季の森公園 自然を訪ねて ~秋の実りと草花たち~


日 時:10月25日(日)13:00~15:00 晴れ
参加者:一般19名、JFIK会員1名、公園職員3名、JFIKスタッフ3名

13時に北口広場に集合し、3班に分かれ観察会を開始しました。1班は時計回り、2班は反時計回りで出発しました。池、アシ原の周囲を歩きながら、種子の散布方法を中心に子孫を残すための植物のたくましさやしたたかさを見ていきました。さわやかな秋空の下、1班の参加者も6、7人という少人数で、ゆったりと観察することが出来ました。

観察した植物
カツラ、アキニレ、アキノウナギツカミ、ミゾソバ、ユウガギク、トキリマメ、ヤブマメ、ツルマメ、ヤブタバコ、ガンクビソウ、キンミズヒキ、ツクバトリカブト、コバノカゴメヅル、ネナシカズラ、ツリフネソウ、ムクノキ、ニシキギなど多数

ダイコンソウのひっつき虫の観察

オオブタクサの雄花、雌花の観察

カラスウリの虫こぶの観察

オギとススキの違いの観察

ツリフネソウの観察

ヨウシュヤマゴボウの観察


カテゴリー: 四季の森公園 | 四季の森公園 自然を訪ねて ~秋の実りと草花たち~ はコメントを受け付けていません

神奈川の身近な自然を訪ねて~座間湧水の里・谷戸山公園に秋を訪ねる~


日 時:2020年10月21日(水)、24日(土)10:00~15:00
場 所:座間市
参加者:一般56名(21日 27名、24日 29名)、スタッフ10名

新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月から実施を見合わせてきた「神奈川の身近な自然を訪ねて」ですが、10月から再開いたしました。密状態を避けるために募集定員を50人から30人に減らし、また、マスク着用、受付時の健康チェックなど、様々な感染防止対策をとりながらの再開となりました。

今回は、神奈川県のほぼ中央に位置する座間を植物観察や史跡を訪ねながらの散策です。
午前は、星の谷観音(星谷寺)、鈴鹿明神社、龍源院、龍源院湧水、鈴鹿の泉、護王姫大明神社などを見学しながら県立座間谷戸山公園里山体験館まで散策しました。
県立座間谷戸山公園里山体験館で昼食の後、県立座間谷戸山公園内で植物等を観察し、小田急線相武台前駅で解散しました。

イヌマキ、スイフヨウ、イチョウ、タラヨウ、セイヨウヒイラギ、サルスベリ、シラカシ、ハナミズキ、ヒメツルソバ、ミゾホウズキ、クサギ、ヤブミョウガ、スズメウリ、ミゾソバ、等の植物を観察しました。また、県立座間谷戸山公園内で「ナラ枯れ」の状況を観察しました。

星の谷観音(星谷寺)

鈴鹿明神社

龍源院湧水

護王姫大明神社

県立座間谷戸山公園

県立座間谷戸山公園内での「ナラ枯れ」への対応


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて | 神奈川の身近な自然を訪ねて~座間湧水の里・谷戸山公園に秋を訪ねる~ はコメントを受け付けていません

神奈川の身近な自然を訪ねて~大磯の自然と歴史を訪ねる~


日 時:2020年2月19日(水)、22日(土)10:00~15:00
場 所:大磯町
参加者:一般44名(19日 26名、22日 18名)、スタッフ14名

両日とも雨に降られることなく、大磯駅から、植物を中心とした観察と史跡を見学しながら散策することができました。

午前は、島崎藤村夫妻の墓地がある地福寺、新島襄終焉の地、鴫立庵、旧島崎藤村邸、旧東海道松並木などを見学しながら、県立城山公園旧吉田茂邸地区まで散策しました。

県立城山公園旧吉田茂邸地区で昼食の後、県立城山公園旧三井別邸地区を散策し、大磯町郷土資料館で解散しました。ナギ、河津桜、ウメ、イヌビワ、イヌマキ、クロマツ、エノキ、タブノキ、ビロードモウズイカ、リュウゼツラン、ナギイカダ、ウラクツバキ等の植物を観察することができました。

地福寺

地福寺 カワヅザクラ

鴫立庵

松並木

城山公園(旧吉田茂邸地区)

城山公園(旧三井邸地区)


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて | 神奈川の身近な自然を訪ねて~大磯の自然と歴史を訪ねる~ はコメントを受け付けていません

神奈川の身近な自然を訪ねて 〜早春の菜の花と吾妻山からのパノラマを楽しむ〜


日 時:2020年1月22日(水)、25(土)10:00〜15:00
場 所:二宮町
参加者:一般64名(22日 41名、25日 23名)、スタッフ15名

JR二宮駅から、湘南軽便鉄道二宮駅跡、蘇峰堂梅園、吾妻山公園、吾妻神社、浅間神
社などを訪れました。両日とも、曇り〜晴れの天候で、吾妻山山頂では陽ざしに恵ま
れ、水仙や満開の菜の花、輝く相模湾と真鶴半島、伊豆半島などの眺望を楽しみました。富士山はあいにく、雲がかかり姿を見られませんでしたが、参加者の皆さんは、花とパノラマに満足されていました。二宮駅で、ガラスのうさぎ像を見た後、解散しました。

德富蘇峰記念館梅園の見学

コモチシダの観察

吾妻山山頂 エノキ

吾妻神社

吾妻神社 露頭観察

カワヅザクラの観察

浅間神社

ガラスのうさぎ像


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて | 神奈川の身近な自然を訪ねて 〜早春の菜の花と吾妻山からのパノラマを楽しむ〜 はコメントを受け付けていません

四季の森公園 自然を訪ねて ~春を待つ生き物たち~


日 時:1月19日(日)13:00~14:30 晴れ
講 師:坂間、日比野、片山
参加者:一般 37 名、公園職員2 名、JFIK(講師以外)3名

すべてが活動を止めてしまっているような森の中だが、よく見れば、生き物たちは、春に向けて様々な準備を進めています。そんな様子を、冬晴れの中観察し、無事に終了しました。

全員集合して配布資料の説明

各班に分かれて挨拶

春を待つ草花を観察

春を待つ樹木を観察

日比野班

ヤマグワの芽を観察

片山班

ヨコヅナサシガメ幼虫の越冬を観察


カテゴリー: 四季の森公園 | 四季の森公園 自然を訪ねて ~春を待つ生き物たち~ はコメントを受け付けていません

神奈川の身近な自然を訪ねて ~酒匂川の冬鳥の観察と二宮尊徳の故郷を訪ねる~


日 時:2019年12月14日(土)、18(水)10:00~15:00
場 所:開成町、小田原市
参加者:一般52名(14日 23名、18日 29名)、スタッフ12名

両日とも好天に恵まれ、開成駅から、野鳥観察と二宮尊徳に関係する史跡や記念館を
訪ねながら富水駅まで散策しました。

午前は、不連続な堤防で構成される霞堤、栢山神社、善栄地、尊徳記念館を訪ねまし
た。尊徳記念館では、昼食後、二宮尊徳の生涯を紹介するDVDを視聴、ボランティア
の解説員の方に展示を説明していただきました。

午後は、尊徳記念館から、若宮八幡宮などを訪ね、富水駅で解散としました。

野鳥観察では、カワラヒワ、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、シメ、アオジ、セグロセ
キレイ、ハクセキレイ、メジロ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ダイサギ、アオ
サギ、カワウ、カワアイサ、カルガモ、ジョウビタキ、ツグミ、モズなどの野鳥を観
察することが出来ました。

酒匂川堤防での野鳥観察

酒匂川堤防からの富士山

霞堤

霞堤の説明

善栄寺

尊徳記念館で尊徳の生家を見学

若宮八幡宮


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて | 神奈川の身近な自然を訪ねて ~酒匂川の冬鳥の観察と二宮尊徳の故郷を訪ねる~ はコメントを受け付けていません

神奈川の身近な自然を訪ねて ~秋の鎌倉で谷(やつ)の自然と歴史を探る~


日 時:2019年11月20日(水)10:00~15:00 、23日(土)中止
場 所:鎌倉市
参加者:一般36名(20日 36名、23日 中止)、スタッフ8名

11月23日(土)は、雨天で中止としました。
11月20日(水)は、好天に恵まれ、鎌倉駅から、御成小学校(旧鎌倉御用邸)、佐助稲荷神社 、 銭洗弁財天宇賀福神社 、 葛原岡神社(昼食)、源氏山公園、寿福寺、鶴岡八幡宮などを訪れました。

この時期に花や実をつけるツワブキ、ホトトギス、ナギ、カラスウリ、モッコク、ソヨゴ、クロガネモチなどを観察しました。また、鎌倉でよく見ることができるコモチシダ、ホウライシダ、ホラシノブ、ミツデウラボシなどのシダも観察しました。鎌倉の自然や歴史を楽しみ、参加者の皆さんも満足した様子で帰途につかれました。

御成小学校(旧鎌倉御用邸)

佐助稲荷神社

銭洗弁財天宇賀福神社

銭洗弁財天宇賀福神社

北条政子、源実朝の墓

寿福寺

鶴岡八幡宮の大銀杏跡


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて | 神奈川の身近な自然を訪ねて ~秋の鎌倉で谷(やつ)の自然と歴史を探る~ はコメントを受け付けていません

神奈川の身近な自然を訪ねて ~秋の里山原風景・金目川と土屋一族跡を巡る~


日 時:2019年10月19日(土)中止、23日(水)10:00~15:00
場 所:平塚市
参加者:一般31名(19日 中止、23日31名)、スタッフ8名

19日(土)は雨のため中止。23日(水)は晴れ。植物などを観察しながら、金目観音、金目川、飛谷津、妙円寺、土屋一族の墓、土屋城址、木村植物園などを訪ねました。

午前中は、金目観音を訪ねて後、金目川堤防を歩き、飛谷津の昼食場所に向かいました。飛谷津のパークゴルフ場で昼食後、三笠川沿いに歩き、妙円寺を経て、土屋一族の墓、土屋城址、木村植物園を訪ねました。解散は秦野駅でした。

秋の青空の下、初冠雪の富士山を眺めながらの散策でした。また、この時期に花や実をつけるコスモス、シュウメイギク、シャクチリソバ、ハナタデ、コセンダングサ、ワイヤープランツ、ソテツ、モッコク、ノブドウ、クサギ、ザクロ、ガガイモなどを参加者の皆さんに観察していただきました。

北金目入口バス停歩道橋からの富士山

金目川堤防上からの富士山

飛谷津の丘(昼食場所)からの富士山

三笠川沿いを歩く

クサギ


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて | 神奈川の身近な自然を訪ねて ~秋の里山原風景・金目川と土屋一族跡を巡る~ はコメントを受け付けていません

かながわジュニア・フォレスター教室2019 第2回「森で遊ぼう」


日 時:2019年10月19日(土)8:30~16:00 曇時々雨
場 所:神奈川県立秦野戸川公園
参加者:一般30名、JFIKスタッフ11名、かながわトラストみどり財団1名、看護師1名

前日からの雨で開催が危ぶまれましたが、当日9時頃より雨が上がるとの予報で実施することにしました。

8時30分よりパークセンター左のケヤキの樹の下で受付開始。事前キャンセルもありましたが、当日キャンセルは0件で、30人参加者となり予定通り5班に分けることにしました。

芝生広場に移り9時15分より開会式とオリエンテーション。かながわトラストみどり財団の挨拶のあとスケジュール等の紹介、安全についてはヒルとスズメバチとに注意すること、特に増水した川に近づかないようにと説明をしました。

体操で身体をほぐした後班別に分かれて出発。最初は芝生広場からバーベキュー場までの園路を辿りつつ、ビンゴゲームを兼ねた植物や昆虫等の観察です。紅葉の始まった木々を眺めながら、各リーダー等の丁寧な説明に参加者は興味を深めているようでした。

バーベキュー場に着いて「八重のかざぐるま」作りです。約20cm四方のやや厚い色紙を型紙に合わせて切り竹串、ドングリ、留め具等で作ります。切った羽根を竹串に差し込むのに多少コツがあります。最初戸惑った子供たちもほとんど自分で完成し、走り回ってかざぐるまを回し楽しんでいました。

次はシラカシ等の葉を使った巻き笛です。葉の両端を切り幅4mmほどに巻きセロテープで止めます。次に口でくわえる部分をつぶして吹くだけの簡単なモノ。しかし作るのは簡単ですが吹き方に要領があり鳴らすのに苦労した人もいたようです。

ネイチャークラフトでお腹のすいたところでカートンドッグの調理に入ります。カートンドッグはパンを切ってキャベツ、ソーセージをつめアルミホイルで二重に包み、牛乳パックに入れ、火をつけるだけ。キャンプなどで経験している子供も多く焼き上がったドッグを美味しそうに食べていました。

次は「バウムクーヘン」作り。まずホットケーキミックス、牛乳、卵、砂糖を大きなボールに入れよく混ぜ生地を作ります。次に節を抜いた青竹の両端を2人で持ち、中央の30cm程の幅にお玉で生地を塗り回しながら炭火で焼きます。子供たちは生地を作る係、お玉で生地を塗る係、青竹を回し焼き上げる係と分かれてガンバリます。キツネ色の焦げ目の着いたところでまた生地を塗ります。これを繰り返すこと10数回、1時間半位掛かりました。参加者はカートンドッグ等とは別腹で手作りのバウムクーヘンを味わっていました。

この後全員近くの広場に移り閉会式を実施。各チーム代表による感想の発表、かながわトラストみどり財団の挨拶と修了書の授与後、講評を行いました。「自然とのふれあいが楽しくまた参加したい」、「バウムクーヘンが良くできた」等の発表や、保護者のアンケートでは「これまで送迎だけだったが初めて参加して大変楽しかった」という声もありました。

最後に参加全員での記念撮影のあと、紅葉のやや進んだバーベキュー場を後にパークセンターに向かい、終了としました。

受付の様子

アイスブレイキング

開会式の最後にストレッチで身体をほぐす

ネイチャービンゴで植物観察

多少雨に降られました

八重の風車作りに挑戦

完成した風車で遊ぶ

昼食はカートンドッグ

カートンドッグは美味い!

バウムクーヘンの生地作り

焼色を付けてはは、生地を重ね塗りします

大分大きく成ってきました

バウムクーヘン完成

バウムクーヘン、美味い!

各班代表の発表 A班は全員で発表

修了書の授与

最後に全員で集合写真

 


カテゴリー: ジュニア・フォレスター教室 | かながわジュニア・フォレスター教室2019 第2回「森で遊ぼう」 はコメントを受け付けていません