神奈川の身近な自然を訪ねて
足柄平野「あじさい祭」を楽しむ


 

日時:2022年6月8日(水) 11日(土)  10:00~15:00
場所:神奈川県松田町・開成町
参加者:一般54名(8日29名 11日25名)、スタッフ10名

小田急新松田駅に集合、そこからまず寒田神社を訪ね、歴史のある神社とそれを取り囲む社叢林を観察しました。特にカヤ、ケヤキ、イチイガシ、イチョウなどの大木がその歴史の長さを伝えます。その後酒匂川にかかる新十文字橋を渡り開成町に入ります。田植えを終えた水田の農道に植えられた約5000株の各種アジサイが我々を迎えてくれました。祭の各拠点にはテントが張られ、屋台が出て法被を着た子供たちもいて祭り気分を盛り上げてくれます。このような雰囲気は本当に久しぶりです。昼食はかつての庄屋住居だった瀬戸屋敷でいただきました。午後は吉田神社、開成水辺スポーツ公園を経由し黄色いミヤコグサの咲く土手の上を開成駅まで歩き解散しました。両日とも雨が心配されましたがいずれも雨に会わず楽しい一日を過ごすことができました。

① 寒田神社

② アジサイの観察(1)

③ アジサイの観察(2)

④ 瀬戸屋敷でユズリハの観察

⑤ 瀬戸屋敷でサルスベリの観察

⑥ 酒匂川の本堤と控え堤の間を歩く

⑦ 酒匂川堤防でマユミの観察