神奈川の身近な自然を訪ねて~金沢八景の自然と歴史を訪ねる~


日 時:2021年12月18日(土)、22日(水)10:00~15:00
場 所:横浜市金沢区
参加者:一般45名(18日 20名、22日 25名)、スタッフ9名

新型コロナウイルス感染症の再拡大が心配される中、11月に続き、今回も実施することができました。今回は、京浜急行金沢八景駅集合・解散で、平潟湾を一周し、金沢八景の自然や史跡を訪ねました。

午前は、瀬戸神社、琵琶島神社、姫小島水門跡、龍華寺、洲崎神社などを見学しながら野島へ向かいました。野島では、旧伊藤博文金沢別邸を見学の後、昼食としました。

昼食後、平潟湾沿いの平潟湾プロムナードを歩き金龍禅院へ。金龍禅院を見学の後、金沢八景駅で解散としました。

瀬戸神社では、横浜市の名木古木に指定されているビャクシン、カヤ、イヌマキ等を、野島では、アメリカデイゴやモミジバスズカケ等を、また、平潟湾プロムナードでは、ヒメユズリハ、センダン、トベラ、クロガネモチ、ブラシノキ、ソテツ等を観察しました。

参加者、スタッフともにマスク着用等の感染防止対策をとりながらの実施となりましたが、二日間とも、好天に恵まれ、無事、予定通りに終わることができました。

瀬戸神社

 

1680年に大風で倒れたと伝わるビャクシン(瀬戸神社境内)

琵琶島神社

龍華寺

平潟湾プロムナードで樹木観察

金龍禅院