四季の森公園
 自然を訪ねて~秋の実りと草花たち~


日時:10月23日(日)13:00~15:00 晴れ
場所:県立四季の森公園 はす池・あし原湿原周辺
参加者:一般18名 JFIKスタッフ3名

暦では、「霜降」でしたが、予報は今年最後の夏日ということで、汗ばむ陽気でした。
主たるテーマは「種子散布」。様々な散布様式の樹々・草花を観察することができました。

カツラの雌株を見上げてバナナの形の実を確認。拾ってあった実が配られ、中の種子を取り出すと、翼がついていて風散布種子とわかりました。

カツラの実と種子 実の長さは15ミリほど

アキニレの実を観察。こちらは種子ではなく実に翼がついていました。

ガガイモの実を観察。中に綿毛(種髪)がついた種子が入っているそうです。

他にも、実に翼がついているイロハカエデやシナサワグルミ、実に綿毛がついているキク科のヒヨドリバナやシラヤマギク、イネ科のオギやヨシ(アシ)、キンポウゲ科のセンニンソウなどなど、たくさんの風散布の植物が見られました。

センニンソウの実。綿毛は雌しべの一部(花柱)が変化したもの。名前の仙人草は、この綿毛を仙人の白髪(白髭?)に見立てたものだそうです。

ツリフネソウは、ほぼコース全体にあり、一人一人実をつついて種を飛ばしました。快感・・・。

水辺にはいろいろありました。実がはじけて種子が飛ぶ自動散布のツリフネソウ、水に浮く実をつける水散布のジュズダマ、チクチクした棘のある実をつけるアメリカセンダングサ、茎に棘があるアキノウナギツカミ、同じタデ科でも棘がないミゾソバなどなど。

ゲンノショウコを見ています。軽くつつくと、種が飛びます。花もまだ咲いていました。

種を飛ばす前

種を飛ばした後
この形から、みこし草とも呼ばれます。

チクチクした棘のある実が動物にくっつくキンミズヒキやヌスビトハギなどなど、ベタベタした実がくっつくチヂミザサやヤブタバコなど、ひっつき虫たちもたくさん見られました。まとめて付着散布と呼ばれるそうです。

靴についたひっつき虫たち

ガマズミやムラサキシキブは鳥に実を食べさせて種子を運んでもらいます(被食散布)。
そんな中でも、クサギやトキリマメはツートーンカラーで鳥を誘っているそう。

クサギ

トキリマメ

夕方近くには、ルリタテハが姿を現し、昼までつぼみだったツワブキが開花していました。

ルリタテハ

ツワブキ