神奈川の身近な自然を訪ねて
~箱根板橋界隈、小田原城の歴史と自然探訪~


日 時:2022年11月16日(水)、19日(土) 10:00~15:00
場 所:神奈川県小田原市
参加者:一般58名(16日 34名、19日 24名)、スタッフ10名

箱根登山鉄道/箱根板橋駅をスタート、先ずは用水としては日本最初の小田原用水の取入口を見学、そこから山伏の寺で知られる秋葉山量覚寺、そして電力王といわれた松永安左エ門の別邸・老欅荘の大ケヤキや茶室を巡り、すぐ隣の花の香林寺へと足を運ぶ。そこからは小田原北条氏総構(そうがまえ)の一角、三の丸外郭新堀土塁の高台に登る。坂の途中にある山縣有朋別邸の古稀庵および皆春荘も見学。三の丸外郭新堀土塁からはその昔秀吉が陣を構えた石垣山や美しい湘南の海が一望できました。午後は城山庭球場でお昼を食べてから小田原城に向かい園内のオガタマノキやビランジュなどの珍しい木を観察、最後は最近できた観光施設ミナカ屋上から小田原の美しい海・山・城を俯瞰し解散。水・土の両日とも快晴に恵まれ参加者からは楽しかったとのお言葉をいただきました。


小田原用水取入口


秋葉山量覚寺


老欅荘


小田原高校自然林


博打の木


小田原城


ミナカ屋上展望台


ミナカ展望台からの小田原城


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です