神奈川の身近な自然を訪ねて ~鎌倉の名刹『杉本寺』、花の寺『瑞泉寺』等を巡る~


開催日:2月22日(土) 晴
参加者:一般49名、JFIK会員12名

ここ2週間続いての週末は記録的な大雪に見舞われ大荒れの天気でしたが、今週は一転して好天に恵まれた一日となりました。

鎌倉駅に集合し、バスで移動して、奈良時代に創建された、鎌倉最古の杉本寺を訪れました。狭い急な階段を昇り、仁王門をくぐるといかにも古式ゆかしい本堂があり、その中に入ると本尊である十一面観音像を拝観することができます。なお庭は広くはありませんが、色々な園芸品種のツバキが咲いており、目を楽しませてくれます。

その後、ロウバイやマンサクが咲く道を歩きながら護長親王陸墓に向い、花の寺として親しまれている瑞泉寺に入ります。瑞泉寺は、まだ先週の雪が残り、水墨画のような風情がありました。あいにくウメは寒さの影響でまだ咲き始めの状態でしたが、仏殿の背後にあり、国の名勝に指定されている鎌倉期唯一の庭園を楽しみました。

続いて頼朝が建立した永福寺跡を訪れ、広い芝生の公園の中で、参加者の方が持参された歌詞をもとに、唱歌「鎌倉(七里ガ浜のいそ伝い…)」をみんなで合唱しました。
その後、鎌倉宮でオガタマノキなどをみて、寒紅梅が見頃の荏柄天神社を経由し、鶴岡八幡宮で解散となりました。

寒い中でも、ところどころで春の訪れを感じさせるタチツボスミレやオオイヌノフグリの花が咲き、フキノトウも顔を出すなど、確実に春が近づいていることを感じることができる一日でした。

杉本寺

杉本寺

永福寺で合唱

永福寺で合唱

荏柄天神 寒紅梅

荏柄天神 寒紅梅


カテゴリー: 神奈川の身近な自然を訪ねて パーマリンク