神奈川の身近な自然を訪ねて ~真鶴半島の「魚付保安林」と「ウメボシイソギンチャク」を観賞~


開催日:7月26日(土) 晴れ
参加者:一般59名、JFIK会員9名

猛暑の中、大勢の方に参加していただきました。まずは、「お林」と呼ばれる魚付保安林を歩き、鬱蒼とした照葉樹林を観察しました。

海岸では、多種の砂地に生える草花を楽しみ、波際では、ウメボシイソギンチャクを見ることができました。

熱い日でしたが無事終了し、全員バスにて真鶴駅に戻り解散しました。

これから、お林(魚付保安林)に進みます

これから、お林(魚付保安林)に進みます

海岸に出てきました

海岸に出てきました

いろいろな草花があります。ボタンボウフウが佇んでいた

いろいろな草花があります。ボタンボウフウが佇んでいた

そして、昼食タイム

そして、昼食タイム

ウメボシイソギンチャクと対面

ウメボシイソギンチャクと対面

その海岸での様子です

その海岸での様子です

帰りに、アゲハがバイバイをしてくれた

帰りに、アゲハがバイバイをしてくれた